Home / 製品/サービスレビュー / カメラ / EOS M2 / EOS M2 で撮影しながらの帰り道「終バス無いと・フォトウォーク」が楽しい

EOS M2 で撮影しながらの帰り道「終バス無いと・フォトウォーク」が楽しい

EOS M2 Beta Sample

キヤノンさんより、新型ミラーレスカメラのEOS M2 をお借りしております。

さて、僕は最寄りの駅より家に帰る選択肢が2つありまして、ひとつはバス、そしてひとつはもちろん徒歩です。すごく辛い日はタクシーを使うこともありますが、だいたいはこの2つが選択肢となっています。

そんな時問題となるのが、終バスが出てしまった後のことです。

さて、今回はそんな終バスが無いときにEOS M2を使って行っていた「終バス無いと・フォトウォーク(ナイト・フォトウォーク)」をご紹介します。



スポンサードリンク

ミラーレスは気軽だった

まずは作例から。ベータ機にて、画質評価は行いませんが、夜に撮影する画としては正直十分だと思ってます。個人的に夜はモノクロが好きなので、モノクロでお届けします。すべてリサイズだけで撮って出しです。

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

EOS M2 Beta Sample

ここまでが終バス無くなった日A。ここからが終バス無くなった日Bです。どちらの日もカバンには普通にM2が入ってました。このカメラ、常に携帯してもなんら苦になりません。

m2beta-0873-4.jpg

m2beta-0876-6.jpg

m2beta-0878-8.jpg

m2beta-0889-15.jpg

m2beta-0885-12.jpg

m2beta-0890-16.jpg

m2beta-0907-22.jpg

いい感じに脱力して撮れるM2が、多くの場合ほろ酔いで帰る 終バス無いと なタイムにちょうどいい(笑

まじめな話、これを5D3でやるとけっこう辛いというか、だったらアルコール入ってないときにやりたいよというか、それは終電で帰ってきたときじゃないよね、というか…。

ということで

ミラーレスはなにかの代替じゃなく、マッチするシチュエーションで素晴らしい仕事をする、純然たるひとつの独立したカメラである!ということをひしひしと感じるようになってきました。もうしばらくM2を常に携帯しつづける生活を続けてみようと思います。

 

 

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。