[蹴日報]グルノーブルの祖母井代表が辞任 ほか #apfn

2010/09/29サッカー/フットサル, 蹴日(ニュース)soccer

気になったフットボールニュースを日替わりでご紹介。

同氏は07年に5年契約で就任したが、チームが昨季1部最下位で今季から2部に降格。12年6月まで契約を残す中、クラブに違約金の負担が掛からない形で責任を取るため、6月末に筆頭株主のインデックス・ホールディングス(東京都世田谷区)に辞意を伝えていた。

グルノーブルには申し訳ないけど、誰が会長になってもどうにもならない戦力差があったよね。違約金が不要なように辞任をした祖母井さんは男をあげたなあ。

して、次はどこのチームが祖母井さんを獲得するかですよね。彼は会長やGMなんて大きな役職よりも、育成や強化などの専門職にしたほうが力を発揮できるような気がするんだけど、さて。

元イングランド代表のポール・ガスコイン氏が、実質8部に当たるノンリーグに所属するガーフォースタウンの監督に就任したことが分かった。

クラブのスターから一国を代表する選手、そして世界中にファンを持つスーパースターへと一気に駆け上がり、そして最後はアルコール中毒で破滅するなど、サッカー選手としての絶頂とどん底を短時間で駆け抜けてしまったガッサ。どんな形であれ、またピッチで輝く彼を待ち望んでいる人は多いよね。

このアメージングなゴールを見たら、誰もが納得だよね。

大世にはもっともっと活躍してほしいなあ。

今日はこんなところで!