Home / 旅行記事 / 東京近郊 / 東京の離島 / 海、鳥、星空!三宅島をどっぷり楽しむ最強民宿「スナッパー」【PR】 #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #tamashima

海、鳥、星空!三宅島をどっぷり楽しむ最強民宿「スナッパー」【PR】 #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #tamashima

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターで訪れた三宅島レポートが続きます。

今回はお世話になった宿「スナッパー」をご紹介しましょう。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。


スポンサードリンク

海も地上も案内できる最強の宿

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

三宅島には数多くの宿(主に民宿)がありますが、中でもスナッパーをおすすめするのにはわけがあります。それは、こちらのオーナーが「海」も「陸」もどちらもガイドをすることのできる、三宅島でも有数のスーパーガイドだからです。

オーナーの野田さんは、スキューバーダイビングのインストラクター免許をもち、スキューバーからドルフィンスイムまでをガイドしてくれる上に、スナッパーにはそれらに使うレンタル一式が用意されているため、実はスナッパーを通じて潜りたいと思う限りは、手ぶらで三宅島に来て大丈夫です。実際、今回同じタイミングで宿に宿泊していた方々は基本ダイビング用品を持たずに島へ来ていました。これは…楽すぎる。

加えて野田さんが力をいれているのが、三宅島内のバードウォッチングや自然のガイド。「mahana」というネイチャーガイドツアーをしていて、シーズン時にはカンムリウミスズメのウォッチングも実施しているとか。個人的に、それはめちゃくちゃ参加したい。

というわけで、とにかく頼れる人がオーナーなんですよ。もちろん宿泊していればもろもろ相談できますからね。今回も2日目の半日三宅島観光についてはかなりサポートしていただきまして、実りある取材にできたのは野田さんのおかげだと思っています。

スナッパーは自由な宿

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

さて、そんな野田さんの民宿「スナッパー」といえば、この食堂が全てでしょう。玄関を上がるとダイレクトに到着するこの食堂ですが、朝食、夕食だけでなく、潜った休憩から深夜のドリンクタイム、果てには無数にあるマンガタイムまで、宿にいる間のかなりの時間をこの食堂で過ごすことになります。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

お茶は自分でお湯をいれて好きに飲むことができますよ。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

あのカーテンの向こうに調理場があるのですが、実は最近の三宅島で新たな名物となっている「サバサンド」がここで生み出されていたりします。なんと三宅島サバサンド発祥の地は、このスナッパーだったのです!ががーん、知らなかった。

そんなわけで夕食もばっちりだ!

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

離島にきたら食べ物なんておいしいに決まってるじゃないか。そう思いますよね?いや、実際そうなんですよ。まず魚がおいしいなんてのは愚問ですよね。離島でおいしくないわけがない。なぜなら、漁場が圧倒的に近い。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

そして東京の離島にきたらこれです。「あしたば」ですね。そこらじゅうに生えている離島のシンボルでもあります。もちろん提供されるのは食用に栽培されたものですが、このあしたばのかき揚げがむちゃくちゃおいしい。おかわりしました。これはガチ。天丼にしたい。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

どんどんいきましょう。イナダの煮付け。うまい。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

シイラのホイル焼き。味噌風味でごはんがすすみます。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

かなり衝撃を受けたのがこちらのカボチャサラダ。リンゴが入っていて、食感、味ともにバツグン。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

お味噌汁は岩のりたっぷり。うわーこれはたまらん。

ということで、最高に食べ過ぎます。食べ過ぎますが、この後三宅島でも話題のバー「リターノ」に行ってしまったので、そちらの話題はまた改めて。

 

スナッパー最高のプレゼントは「天の川」

さて、そんなスナッパーさんですが、実は場所に関していえば結構へんぴです。おなじみ、山の手線と同じサイズの大動脈路である都道からもけっこう入ったところにある上に、周辺にはなにもなく、夜は真っ暗。

しかし、離島で夏で真っ暗といえば、アレが見られます。

そう、天の川です!!

天の川 星空 三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

こちらどーーーーーん。うわーー。やばい。肉眼でここまで見事な天の川ってはじめて見た。ちょっと露光時間が長かったので星がちょいブレな感じですが、これは本気でやばいです。この写真なんてものすごさの30%も伝わってないと思います。

どれくらいすごいかといえば、宿泊客がみんなして40分くらい外でぼけーっとしてしまうくらい。そして写真を撮っていた僕や他の方は、2時間ちょいくらい外で粘ってしまうくらい。

なんせね、宿の周囲だけでなく、島の周囲にも余計な明かりがなんにもないですからね。この日はちょうど新月から日がなく、月明かりも最小限(かつ曇に隠れてくれた)でして、コンディションも上々。雨が降った後というのもコンディションの良さに寄与してくれていそうです。

それにしてもやばい。これは本気でやばい。断言します。これを見るためだけに三宅島に、スナッパーに来ても十分に元がとれる。それくらいの衝撃体験です。もしカメラを持ってくる場合には、三脚やレリーズの準備を忘れずに。

 

エアロプレイン雑感

日本でこんな星空、見られるんですねえ…。くどいですが、これを目当てに三宅島に来ても十分だと思います。

なおスナッパー近隣の鑑賞スポットは、宿すぐ脇の消防マンホールか、そこから500mくらい歩いた次の消防マンホール、もしくは反対側の橋付近が暗い上に木が開けているのでオススメ。

 

三宅島に関する他のレポートはこちら!

三宅島 に関する記事 | エアロプレイン

 

スナッパー関連リンク

 

 

三宅島スナッパー

 

三宅島ネイチャーツアー マハナ of mahana

 

三宅島観光協会 – Home

 

TOP|tokyo reporter 島旅 & 山旅

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA