イギリス…いや、世界最高レベルに詳しいリバプール在住ビートルズ公式ガイド「阿部卓二」さん #cx2britain

2016/01/03イギリス/英国Liverpool, ご招待, 音楽

Translate:

#cx2britain

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で最初に滞在した街、リバプール。この街と言えば、かのビートルズが生まれ育った街でもあります。

そんな街には「ビートルズ公式ガイド」という、それはそれはビートルズに詳しい人たちがいるのですが、中でも貴重な1期生の一人がこの「阿部卓二」さんなのです。

阿部卓二という男

今回はこの阿部さんとリバプール街歩きをしたのですが、その紹介をする前に、阿部卓二という人についてフォーカスを当てておきたいと思います。

阿部さんがリバプールに渡ってきたのはもう40年以上も前のこと。世界を旅しようとふらり旅に出た阿部さんは、まずパリの街に。しかしビザの問題で国を移らざるを得なくなり、そうして辿り着いたのがリバプール。最初は特に思い入れがあったわけでもなかったそうですが、何故か居心地の良いこの街の虜になり、なんとか病院のセラピストの職を確保。かくしてリバプールの街に定住することとなりました。

#cx2britain

そんな阿部さんが転機を迎えたのが、ビートルズ解散から数年経った83年。いわゆる「聖地巡礼」で増え続ける観光客に対して、公認のガイドを任命することとなりました。そこに応募し、見事最初の12人に選ばれたのが、この阿部卓二さんなのです。12人の中には当然ビートルズの同級生など、人生とビートルズが密接に関係しているような人もいたようで、それでも選ばれてしまう阿部さんって…と驚かされます。

 

ということで、気がつけば日本食レストラン「悦」も家族で経営するなど、リバプールいち有名な日本人となっていました。かの司馬遼太郎をして「リバプール人」と言わしめ、リバプールを題材とした小説の大部分に登場するのは有名なエピソードです。

街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1 (朝日文芸文庫)
4022640014

この本の1/3は阿部さんの話なんだとか。すごい…!

 

エアロプレイン雑感

良い意味で力が抜けていて、飄々としている阿部さん。しかし、ビートルズの話となるともうノンストップです。次の記事ではこの阿部さんにリバプールの街をご案内いただきます!

 

続きはこちら

まずはホープストリートからペニーレインの街歩きへ、GO!

関連リンク

週に何回かは麺類を食べ、SBのカレー粉を愛する、日本の味を忘れていない阿部さんのお店なのです。

Etsu Japanese Restaurant | Liverpool
http://www.etsu-restaurant.co.uk/

 

この旅行について

この旅行は、英国政府観光庁と、キャセイパシフィック航空さんのブログレポーター企画に参加しており、個人的な買い物以外の全てを提供いただいております。
羽田〜香港〜英国を旅する7日間を随時レポートしていきます。

詳しくはこちら。
キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!