Home / 写真記事 / 特撰「過去の1枚」 / 【1枚】都内有数の味噌ラーメン「ど・みそ」が食べたい by EOS 5D Mark III

【1枚】都内有数の味噌ラーメン「ど・みそ」が食べたい by EOS 5D Mark III

The 43rd TOKYO MOTOR SHOW 2013

何を隠そう、味噌ラーメン大好きなのりおです。特にサッポロ系の、中華鍋で作る濃厚なタイプが好きです。ちょっと辛ければなお良し。先日紹介した「春友流」は僕の好みバッチリど真ん中でした。

[A] 春友流で味わう、本格派の札幌味噌ラーメン with 一味唐辛子 | エアロプレイン
http://airoplane.net/2014/02/20/ramen-harutomo.html

で、そんな僕が非サッポロ系でありながらも惹かれ続けているのが、こちら「ど・みそ」です。



スポンサードリンク

みそオロチョンが最高である

実は僕のサッポロ味噌ラーメン好きは、実家の近所のラーメン屋に大いに影響されてのこと。そちらは少し甘めの王道なサッポロ味噌ラーメンを提供する店でした。

そして時は流れて18歳の春。東京に来たらここに行かねば!と思って、真っ先に言ったのが渋谷の壱源でした。まだバラックでやっていた時代です。そこで食べたのが辛い味噌ラーメン「コタン」「カムイ」。いやー衝撃でしたね。こんなにうまい味噌ラーメンがあるのかと、もはやカルチャーショックでしたねえ。

さて前置きが長くなりましたが、そんな辛味噌ラーメンの流れを汲むのがこちら、みそオロチョンです。でも、サッポロ系な中華鍋で作るタイプでもないんですよね。ハイブリッド系?

そんな同店の特徴は以下のように紹介されていました。

ガツンと一撃食らう激辛に襲われながら、それでもベースの味噌のまろやかなコクはしっかり表現。赤と茶色のスープに含まれているのは、タバスコの20倍以上も辛いという秘伝のスパイス。これが強烈!辛党にはたまらない。しかし背景となるのは五種の厳選味噌と、豚や鶏ガラ、日高昆布、鰹節などの和風出汁、それに背脂を合わせたスープ。まろやかな旨みが辛さの後ろに存在し2重の美味しさを味わえる。こってり激辛スープをしっかり受け止めるのは、開花楼の特注、中太平打ちちぢれ麺。タピオカが練り込まれ力強く跳ね返るイキと喉越しの良さ。だが、麺の旨さにつられスープを思いっきり飲むのはNG。激しい辛さに喉が焼けてしまうのでご注意を・・・!
>>らーめんダイニング ど・みそ みそオロチョンらーめん/店舗 | ラーメン、つけ麺の通販なら麺屋直送便
http://menchoku.com/detail/SHOP_MENCHOKU/60010013/RS_12/

いろいろとうんちくはあるようですが、ストレートにうまい!ご飯は必須、できればタオル持参で汗をかきながらスープまで完食したい!それが「ど・みそ」のオロチョンです。

なんて書いてたらまた食べたくなってきました。寒いうちに行かないと…。

 

*過去の1枚は、写真を元に話を膨らませてみるシリーズです。

 

撮影に使った機材はこちら。

 

 

東京スタイルみそらーめん【ど・みそ】
http://blog.livedoor.jp/do_miso/

 

関連ランキング:ラーメン | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。