350円で大満足な「居酒屋こころ@渋谷」の富士宮やきそばが、いま熱い!

おいしいものだけ紹介します(食全般)渋谷, 静岡

カメラロール-7135

昨日、急に富士宮焼きそばが食べたくなって、宮益坂上交差点から徒歩2分の「こころ」というお店を初訪問しました。

なるみんが紹介していて無性に食べたくなってしまったんですよね。というか、身のまわり界隈でミニブームが起きています。とりあえず行っておくか、みたいな。というか静岡県民としては行かざるを得ない。

麺がうますぎ!渋谷で絶品の富士宮やきそば「こころ」、350円という衝撃 : Blog @narumi

富士宮やきそばは、たびたび家で作るくらい好きです。ゴムみたいな麺に肉かすと削り粉(三島では出汁粉と呼んでた)のマリアージュがたまらんのすよ。

なるみん効果で激混みだった

さて、こちらのこころ、見渡すと店内は約25席〜30席ほど。この席数を、調理担当の店長とホール担当のおねーさんで回してました。うん、それは、無理だ(笑

なるみん効果で満席御礼状態だったのですが、提供がおいついていなくてちょっと大変そうでした。かなり真面目にオーダーの固まりごとに作っているので、2人のあとに4人、4人、とかで入店があるとかなりの待ち時間が発生してしまうようです。このお店はなるべく少人数で行くのがいいね…。

カメラロール-7143

なかなか面白いなと思ったのが、がっつりなAセットとヘルシー(!?)なBセットの存在。富士宮やきそば専門店とおもって油断してたら、まっとうなランチになっていて嬉しい誤算でした。単品ライスが存在するなど、炭水化物党も喜ぶ品揃えです。

 

カメラロール-7136

カウンターで店長がいっしょうけんめい作るのを見ること15〜20分、ついに到着です。

カメラロール-7141
イワシの粉も忘れるな!

気になるお味ですが、まず麺はかなりいい感じです。個人的にはもっと茶色い麺が好みなのですが、こちらの麺もいい味だしてます。味はかなり濃いめ、ご飯がすすむ味です。肉かすがもう少し大ぶりに入っていると嬉しいかなあ。標準だと具はキャベツのみ、100円増しで肉オプションを付けたいところです(写真は肉やきそば)。

特筆すべきはその価格で、並のやきそばで350円。屋台かよ!とツッコミを入れたくなる価格です。肉を入れても100円増し。ライスセットが150円なので、600円で立派な焼きそば定食が食べられます。これは…定期的に通っちゃうぞ…。

ほか、店内禁煙なところはポイント高いですね。惜しむらくはやはり提供時間。いまが過渡期だとは思いますが、タイミングによってはかなり待ちます。あと食器を下げるのが間に合っていなかったりするので、そのあたりは臨機応変に対応出来る人が良いかもしれません。もう少ししたら落ち着くと思うし、そうなったら多少なりとも味が変わるかもしれないので、2週間くらいした時点で再訪してみようかな。

「こころ」の由来

カメラロール-7142

最後に店頭に書いてあった気になる内容を紹介。どうもこちらのお店の前身は、本当に富士宮にあった「鉄板焼きこころ」であるようです。僕はわからないのですが、富士宮の人だったら知っているのかも?しっかりと本場の味を、場合によっては本場より安く提供している良心的なお店と言えますね。渋谷の

ということで

富士宮やきそばフリークとしてはじゅうぶんに及第点のお味でした。昨今、屋台でも350円ってのは珍しいんじゃないかな。渋谷のランチは平均価格が高めなので、がんばっていってほしいところです。

あ、あとお店のまわりに猫ちゃんがいました。おばちゃんが入店前から帰る時までずっとかまっていて遊べなかったので、少し悔しかったです。