Home / 写真記事 / flickrのアクセスがずっと上昇しているので何かに生かしたい(50万PV/月超えそう)

flickrのアクセスがずっと上昇しているので何かに生かしたい(50万PV/月超えそう)

写真はLightroomで現像して、flickrで管理しているのりおです。年明けくらいからflickrのアクセスがぐんぐん上昇しておりまして、ついに月50万PVに達しようとしています。これが何かに生かせないものか…。

>>Flickr: Norio NAKAYAMA



スポンサードリンク

flickrでマネタイズするのは難しい

ポイントとしてはこれに尽きます。Flickrをマネタイズするのってすごく難しくて、実際Flickrからみで収入を得るには、GettyImagesでflickrの写真を販売するくらいしかないんですよね。

で、実際には商業写真を撮って売るの前提でflickrをやっているわけでもないので、ぶっちゃけ、そんなにうまくは売れません。戦略もってやれば別だろうけど、それはちょっと違うなあというね。

となると、やはりブログに誘導したり、もしくはflickrで評判の良かった写真でコンテンツを再構築するなどしかないかなあとは思うんですね。

ポイントはワールドワイドなところ

さて、話は戻ってflickrのアクセスがそこそこ稼げている件ですが、実はそんなに不思議なことではありません。というのも、日本語で書いて日本人相手にアクセスを稼ぐブログと違って、写真には言語の壁がありません。実はそれを意識して英語でタグを入れているのがここ2年くらいなんですね。アクセス数増加にはその地道な作戦が功を奏した面がありそうです。だからクオリティが理由というより、コンテンツメーカー(=写真をたくさんアップする日本人)として、海外の方からflickrのアカウントが購読されているようです。

で、そうなると、やっぱりflickrを生かした施策は海外の人向けのもののほうが良い気がしてくるわけです。例えば、flickrの写真で海外の人向けに日本を紹介するブログを作って、flickrの該当写真から誘導するなど、これもやはり地道な手段を選ばざるを得ないのかなと。

そうなると英語でブログ書くのかとかそんな話になりますが、英語のライティングなんて僕には壁が高すぎるので、まー翻訳サービスをつかいつつ、なるべくテキストは少なめで…とかそんな感じになりそうです。ただ競合はそんなに多くない気がするので、もしかしたらうまくいくかもしれないなあ…くらいですかね。

ということで

もしもっと効果的に思えるflickrの生かし方があれば、ぜひFacebookやTwitterにて教えてください。Facebookページはこちらですので、ぜひ「いいね!」もしてくださいね。

エアロプレインのFacebookページ

Flickr: Norio NAKAYAMA

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。