Home / 製品/サービスレビュー / カメラ / CANON PowerShot N は表現の幅を広げてくれる次世代カメラだった

CANON PowerShot N は表現の幅を広げてくれる次世代カメラだった

CANON PowerShot N

キヤノンから発売された、久々にヤバいカメラ「PowerShot N」。上下左右のないフォルム、上下どちらからでも押せるリングシャッター、カメラ側の意思で自由に撮影される6枚の写真。そのどれもが刺激的で、新しい。

ということで、1週間ほど使ってみた感想と作例をいくつかご紹介します。



スポンサードリンク

箱にもただならぬ気合いを感じる

これだけキヤノンのカメラを購入していると、箱も「まあいつものやつ」というのがわかるわけですが、このNはちょっと違っていました。

CANON PowerShot N
まず、箱がかわいい。なんだこれ。ビンテージブラウンだけこれ、なのかなあ。と思ってアスカさんのところを見たら同じ箱でした。

キヤノン「PowerShot N」、開封の儀!ボディがめっちゃカワイイ! | め~んずスタジオ
さて、どんどん開けていきますと、さらにかわいい箱がでてきます。

 

CANON PowerShot N
「このたびは、PowerShot Nをお買い上げいただきまことにありがとうございました。」という紙も入っていました。この辺りは通販限定にしたところが出ていますね。相当興味をもってくれた人しか買っていないでしょうから、このお礼状はグッときました。

さて、ご覧の通り箱もかなりかわいい。

 

CANON PowerShot N
こちらジャケットとストラップの箱。ジャケットを交換するだけでかなりイメージかわるのが見て取れます。

 

ビンテージブラウンセットはストラップが特殊仕様になっておりまして

CANON PowerShot N
こんな感じの皮制になっています。ジャケットはストライプのタイプですね。

CANON PowerShot N
これね。

 

CANON PowerShot N
こちら本体が入っている箱。

 

CANON PowerShot N

あけるとこんな感じに、簡単な使い方が書いてあります。バリアングルを生かす方法だとか、シャッターの押し方だとか。基本はこれだけで使えますからね。

 

CANON PowerShot N
そちてこちらが本体!完全に手のひらサイズ。

CANON COMPACT DIGITAL CAMERA
歴代コンデジと並べてみました。

CANON PowerShot Nを見て、コンデジの進化に想いを馳せる(from IXY DIGITAL 200)

さて、開封の義はこれくらいにして、実際屋内外で使ってきてみましたので、何点か作例を紹介しますね。

PowerShot N 作例集

まず最初に簡単な本機の特徴を説明しておきますね。Nでは、1枚撮影すると他に5枚が同時に生成されるクリエイティブモードが備わっています。実例を見て頂いた方がはやいので、以下ご覧ください。

Power Shot N 作例
例えばこのショット。1回シャッターを押すとどうなるかというと、以下の5枚が続けて生成されます(通覧しやすいよう小さいサイズではりつけています)

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

PowerShotNはフィルターや構図を変えながら1シャッターで6枚の写真を作るのだけど、その内訳を簡単に。上記、実は1回のシャッターで3連続の撮影をしているんです(それぞれシャッター1~3と呼びます)。できあがりの1枚目はシャッター1でノーマル(そのまま)。2枚目はなぜかシャッター3でフィルターがかかっている。3枚目はシャッター2でこちらもフィルターがかかっています。2枚目3枚目はまれに若干の構図変更も行われるようですね(トリミングしているのかな?)。4枚目はシャッター1に大幅なトリミング&フィルターをかけていることが多いみたい。5枚目も同様。4枚目と5枚目ではフィルターの傾向が違うのでなにかルールがあるのかもしれません。6枚目はシャッター1にフィルターのみかけたものが出てくるようです。

基本的には元画像に対して構図の変更(トリミングなのかな?)とフィルターをかけているみたいですね。

この辺り、構図を基にカメラのほうで判断しているそうなので、もしかしたらパターンがいくつかあるのかもしれませんが、とりあえずいま発見したパターンはこんな感じです。基本的には偶然の出会いを楽しむカメラ、というのが正しいかも。想像を超える写真もたまに出てくるのが面白いんですよね。ということで、以下作例を。

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

Power Shot N 作例

Power Shot N SampleShot
これかなり好きです。

 

Power Shot N SampleShot
こんなフィルターもあるのか。

 

Power Shot N SampleShot
しっくり来すぎて、シーンをわかってトリミングしているのかな、と錯覚することさえあります。

Power Shot N SampleShot

Power Shot N SampleShot

Power Shot N SampleShot
鏡を使ってカメラも撮影。

 

Power Shot N SampleShot

Power Shot N SampleShot

Power Shot N SampleShot

Power Shot N SampleShot
↑2枚は同じシャッターですが、後者なんて自転車の彼らの位置がわかってトリミングしているとしか考えられないんだよなあ。どういった仕組みなんだろう。

ということで、「記録する」「作品を作る」とはまた別のベクトルで撮影を楽しむことができるガジェットなのは間違いありません。10回くらいシャッターを切ると、1枚は驚くような写真がある印象ですね。

個人的には、このカメラを使うと自分の常識やクセからはかけはなれた写真ができるので、なんだか誰かの写真を見ながら勉強しているような錯覚に陥ります。自分の表現の幅が広がる、そんな印象を受けますね。だから初心者のかたも面白いとは思うのですが、ある程度知識があればあるほど使って楽しいカメラであるように思えました。

引き続き使っていきますので、またレポートしたいと思います!

キヤノン:PowerShot N|概要
キヤノン:キヤノンオンラインショップ


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。