日本橋だし場(にんべん)のレンジ出汁とり器「だしポット」が最高に便利

おいしいものだけ紹介します(食全般), ライフハック, 買って良かったものプロダクト, 生活

Translate:

日本橋のコレド室町にある、にんべんの基幹ショップ「日本橋だし場」。こちらでは、スタンディングバー形式でだし感たっぷりの味噌汁を飲めるなど、なかなかユニークな施設になっています。

さて、今日はそんなだし場で売っていた、とても、超、スーパー便利な調理器具をご紹介します。その名も「だしポット」。

だしをレンジで取れるという、この便利さを体験してほしい

IMG_8069

さてこちらのだしポット、仕組みはとてもシンプルで、耐熱ガラスと茶こしのようなこし器がセットになっています。イメージするなら、お茶っ葉の代わりにかつお節を入れて、出汁をとるような感じですね。

なにが楽かって、かつお節入れて、水入れて、レンジでチンするだけで絶妙な出汁が取れるってことですよ。

 

使い方は以下のとおり。

だしポット

分量などは側面に書かれていますので、こちらを確認すればOK。水400mlなら、かつお節12g入れて、レンジで4分ちょっとです。

 

だしポット

とりあえず今回は正確にやりますね。

 

だしポット

12グラムはこれくらい。

だしポット

7分目くらいかねえ。

 

 

だしポット

そこに400mlの水を入れます。先に400ml水を入れておいてもいいし、かつお節の上から400ml+ちょっとで水を入れても良いと思います。そこまで厳密じゃ無くて大丈夫です。今回は先に400ml入れた容器に、こし器を挿入しました。

 

だしポット

で、あとはレンジでチンするだけ。簡単すぎる…。

 

だしポット

はい4分後。

 

だしポット

出汁の素晴らしい香りが漂います。この香りを楽しめるだけでも、出汁をとったかいがあるというもの。

 

だしポット

はい、ここ重要。このだしポット、何が最高かと言えば、こうして斜めに立てかけて最後の1滴まで落としきることができる点。間違いない。お茶も出汁も、この最後の1滴がうまいんですよ!!!

 

だしポット

ほら!いままさに1滴ががががあ!

 

だしポット

素晴らしい黄金色。底に沈む粉もおいしさの秘密です。

 

だしポット

ということで、簡単に最高の出汁がとれました。出汁って鍋で出すと、時間を計ったりこしたりするのが面倒だし、なによりコンロを使ってしまう。このだしポットなら、レンジに4分かけるだけでベストなタイミングになってる上に、コンロを塞ぎません。他の料理の合間にささっと出汁が取れるって、最高。ちなみに妻の作った我が家のおせちは、この出汁ポットのおかげで大変おいしくできました。当然ですが、このまま保管もできます。フタもありますから、冷蔵庫に入れておくだけです。なんて便利なんだ…。

 

ちなみに、この日本橋だし場謹製のだしポットは、「だし場」のようなにんべんの路面店か、にんべんの通販で売ってるみたいです。

 

 

もしくは上記製品はOEMっぽいので、もともとiwakiで製造されているものを買うという手もあります。こちらならAmazonでも取り扱い有り。ただ、よく見たらカラーリング違ってますね。僕はにんべん仕様のほうが好きだな。

 

iwaki 村上祥子のだしポット K7005D-MU
B000F3NQDA

 

 

ということで!もし出汁を手軽にとることに興味がありましたら、ぜひこいつを使ってみてください。出汁ライフが、かわりますよ…!

 

参考リンク 

日本橋本店のご案内(だし場)