大規模停電を防げ!暖房切って乗り切るためのポイント

読み物ライフハック, 地震

Translate:

下手したら夕方以降に大規模停電の恐れがあるみたいですね。こりゃやばい!

ということで、まず暖房切ってみたらどうだろう。そこで築50年の上に満足な暖房機器もなく、すきま風が激しかった実家にて長らく暮らしていた僕が室内の防寒についてまとめてみました。

昨日は大丈夫だったんだから、暖房切れば大丈夫なはずだ!!(気持ち的に)

基本的に衣服を工夫するだけで室内の防寒なんてちょちょいだ!

  • 肌着を重ねる(できれば発熱系)

上下ともに、肌着を重ねるだけでびっくりするぐらい暖かい。最近はやりのヒートテックや、屋外スポーツ用のインナーならなおさら。僕は暖房切る日からずっとサッカーのインナー着っぱなしですよ!

  • 末端を暖める

寒さを感じるのは末端から。室内でも靴下の重ね履き、耳当て、手袋をしてみよう。ほら、驚くほど暖かい。手袋の裾はシャツの袖に突っ込むこと!

  • 首を温める

意外と知られていないのがこれ!首を温めると副次的に服の中に熱気がこもり、驚くほど暖かい。家に1つくらいはスキー用のネックウォーマーありますよね!あれ装備しましょう。

  • コートを羽織る

これはもう力業!外の寒さを耐えきれるコートを羽織れば、室内なんて余裕でしょう!?

  • お風呂にお湯をためておく

お風呂を大きな熱源にすることで、室内もあたたまります。湿度も上がって一石二鳥!やかんでお湯をわかすのでもいいよ!

  • 誰かの家に集まる

電気を使う家が減るだけでも節電になる!大勢で集まれば空間の温度も暖まる!

  • 寝るときには段ボールで囲いを作る

僕が11月に行われていた学園祭でやっていたのがこれ!段ボールを組み立ててカマクラみたいなのを作れば驚くほどに暖かい。ぶっちゃけ外でも乗り切れる。

  • 外に比べたら…と心で念じる

最後はもうこれ!外に比べたら室内なんてあったかいでしょ!停電したらどうせ暖房つかないんだから、我慢する!

他にもなにかTipsがあればTwitterなどで教えてください!

以下追加です

  • 湯たんぽ

湯たんぽなどは状況に合わせて使ってください。低温やけどには気をつけて。特にペットボトル湯たんぽはタオルに巻いて使ってね。暖める場所は脇の下や首ね!

  • 食べる

食べると体温上がるの知ってますか!?食べ物がある・食べられるならとにかく食べましょう!