Home / 製品/サービスレビュー / レゴ / 【レゴの限界超え】たためる飛び出る姫路城…何を言っているかわからないと思うが、僕も構造がわからない

【レゴの限界超え】たためる飛び出る姫路城…何を言っているかわからないと思うが、僕も構造がわからない

screenshot-www.youtube.com 2016-05-26 14-21-18

この30年間、途中で空白期間はあるものの、曲がりなりにもレゴでいろいろなものを作ってきました。だからある程度のものを見ても、だいたい構造としてこうなっているんだろうなあ、的な直感は働くつもりです。でも、これはだめだ。もう全然わからない。

飛び出す絵本のように、畳んだ状態から立体的に飛び出す姫路城、そんなものが現実になっています。



スポンサードリンク

見るのがはやい

もうね、これは見たときのインパクトが超越してます。まずは見てください。

な、なんなんだこれは…。

強度のことを考えると、いったいどんな構造をしているのかまったくわかりません。すごいなあ。

制作期間は約15ケ月です。
使用パーツ数は不明です。
重量は約12.5kgです。
接着剤は使っていません。
収納時のサイズは、縦約70cm、横約70cm、高さが約11.5cmです。
収納時のデコレーションは、パーツが足りませんでした。
重さ対策に、一番苦労しました。

ですよねーというコメントですね。

そういえば…と思って遠い記憶を呼び起こすと、たためる金閣寺、見たことありました。

レゴの箱から出てくるのがおしゃれ!と思った記憶があります。この方はたためるシリーズを極めていくんだろうなあ。

次の大物が楽しみですね。

 

エアロプレイン雑感

意外とレゴって変形ものがほとんどないんですよね。なぜかといえば、やっぱり強度的な観点です。重力方向以外に重さをかける作品は、本当に作るのが難しい。

ということで、レゴ楽しいですから、ぜひみなさんもレゴやりましょう!

なお、こちらは数少ない変形レゴです。

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA