Home / 旅行記事 / イギリス/英国 / まるごと世界遺産な海商都市リバプールの「スリー・グレイシズ(Three Graces)」 #cx2britain

まるごと世界遺産な海商都市リバプールの「スリー・グレイシズ(Three Graces)」 #cx2britain

ThreeGraces Liverpool

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で最初に訪れた街、リバプール。実はこの街、臨海地域が丸ごと世界遺産というちょっと良くわからないスケールの街でもあります。中でも最も美しいと言われているのが、スリー・グレイシズ(Three Graces)のあるピア・ヘッドという地区です。



スポンサードリンク

その名の通り3つの建物からなるスリー・グレイシズ

スリー・グレイシズとは、3つの女神の意味。つまり、この場所には女神級の建物が3つあるということなんです。三美神とも呼ばれるそう。

場所はこちらで、まさに港のド正面です。

 

まず最も奧(冒頭の写真左側)にあるのが、ロイヤル・リヴァー・ビルディング (Liver Building) 。

#cx2britain

1911年に建設され、世界で最初に建造された鉄筋コンクリート製ビルディングのひとつ。かのビッグベンよりも大きな時計を持つ塔が2つ設置されています。塔の頂上にいる鳥は「ライバーバード(
The Liver bird)」と呼ばれる鳥で、街の守り神。

IMG_3567

↑このように、リバプールFCのエンブレムにもその姿を見ることができます。もともとは保険会社のビルだったそう。

 

中央にあるのが、キューナード・ビルディング (Cunard Building) 。

#cx2britain

1914〜17年の間に建てられ、キューナード・ラインという海運会社の本部として使われていたそうです。

 

最後、最も手前にあるのがドック・ビルディング (Port of Liverpool Building)。

#cx2britain

1904年から7年の間に建てられ、長らくドックの事務所として使われていたそう。個人的には、3つの中だとこの建物がいちばん好き。

 

#cx2britain

美しいなあ…!

 

エアロプレイン雑感

#cx2britain

世界遺産になるだけあって、どの建物も美しく、フォトジェニックでした。3つとも外見が白い、というのが青空に映えますよね。聞けば、リバプールの海商都市としての発展を象徴する建物として、世界遺産に認められたのだそうです。

#cx2britain

世界に名をとどろかせていた、その時代のリバプール。最盛期にはどんな眩しい街の姿をしていたのでしょうか。

 

関連リンク

海商都市リヴァプール – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/スリー・グレイシズ


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。