Home / 写真記事 / 呉駅前で見る、巨大な潜水艦、戦艦、ドック…自分の中のスケール感が更新される #dw_hiroshima

呉駅前で見る、巨大な潜水艦、戦艦、ドック…自分の中のスケール感が更新される #dw_hiroshima

2013-03-25_1450

「巨大なもの」って、どれくらい大きいものでしょうか?

JR西日本さんの企画ディスカバーウエストのレポーターに選んでいただきまして、3日かけて広島や呉を巡ってきました!今回紹介するのは、呉駅前で体験した、驚くほどに圧倒的なそのスケール感です。自分の中の「巨大なもの」というスケールは、一瞬で破壊され、新しいものに置き換わりました。



スポンサードリンク

大きいにもほどがあるでしょう?

呉駅の南口から徒歩5分ほど歩いたところに、「てつのくじら館」という海上自衛隊の資料館があります。今回はまずそこを目的として呉駅に来たのですが…まず僕らを歓迎してくれたのは、「スケール感の破壊」という呉の洗礼でした。

だって目に飛び込んできたのが…

海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)

これですよ…。遠近感がおかしいのに気がつかれますでしょうか。潜水艦と比べるものとしては、走っているバイクの大きさですかね。手前の車は相当手前にあります。ちなみに、潜水艦の後ろにあるのはショッピングモールのビルですw

参考までに、Googleマップの地図版ではこんな感じです。

2013-03-25_1450

やっぱりわからないw

さらに、この潜水艦をGoogleマップの航空写真で見るとこんな感じ。

2013-03-25_1451

米粒っぽいのが車ですから、その巨大さがわかりますよね。

 

戦艦やドックの大きさも、測りかねる

海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)

なお、てつのくじら館に行く途中の桟橋からは、こんな光景も見えます。 こちらは海上自衛隊の戦艦やそれを整備するためのドックです。いわゆる「キリン」と呼ばれる巨大なクレーンがありますが、これの大きさも、まったくつかめませんよね…。ビル10階ぶんくらいはあるんじゃないかなあ。もっとあるかも?

 

海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)

そもそも手前の船艦がこのサイズですからね。ほんとうにもう良くわかりません…。

 

海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)

はい、こちらクルーズ船の後ろにあるタンカーも、もはや大きさがおかしいわけです。

 

海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)

全て画面に入れるためにはここまで引く必要があります。でもやっぱり大きさが良くわかりません。

 

海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)

このように、呉にあるものはとにかく巨大…なんです。こんな巨大なものが立て続けに見られる場所って、覚えがありません。建物ならまだしも、これらは機体や機械ですからね。

ということで、まだ展示館にさえ入れていないのに、巨大なものがあったおかげでテンションMAXです。呉に来ると、大人の男性は、鉄の塊が大好きな男の子になってしまう!そんな不思議な土地、呉の魅力を今後も何回かにわけてご紹介しますので、お楽しみに。

 

海上自衛隊呉史料館 / てつのくじら館

 

海上自衛隊の力 ~すべては安心のために~【期間限定スペシャルプライス版】 [DVD]
B006ZV3ZT6

 

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。