Home / 雑学/ニュース / 読み物 / 名前の漢字を間違えられやすい場合、どうしたらいい?

名前の漢字を間違えられやすい場合、どうしたらいい?

今年はこういうこともちょろっと書いていこうということで。

僕の名前の漢字は難しくは無いけどスタンダードな用法から少しだけずれている?こともあり、結構間違えられるんですよね。名刺を渡している相手からもメールしている相手からも容赦なく間違えられることが多いのですが、これ、どうしたら防げるのでしょうか。



スポンサードリンク

本当は「記」だけど、世紀の「紀」に間違えられがち

プロフィールなどにも書いてありますとおり、僕の名前は「記男」と書いて「のりお」と読みます。これが、「紀男」と書かれてしまうことがとっても多いんですよ。体感値で、はじめて連絡を取る人の20%ほど。下手をしたら、手書きをあとから打ち込んで登録したものなんて50%くらい間違えられます。

こういうのって、どうやったら防げるんでしょうか。個人としては「ライター向きの名前なんですよ」って話を振ったりするんですが、それでも防げておりません。Facebookでは「名刺にでかでかと書く」ですとか、「いっそのこと平仮名に改名」なんてアイデアもいただきましたが、もし他にもこんな解決方法があるのでは?というのがあれば教えてください…。

 

 

間違い漢字・勘違いことば診断辞典―気がつかない誤りに気がつく
4871381463


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。