楽天で安値の商品を探す時は逆転の発想を

一発ネタ系記事ライフハック, 楽天

2011-01-30_1636

ふと楽天でPS3などの最安値を探していて気がついたのですが、これ系の商品って「フレッツ光と同時契約で1円」みたいなものがあふれていて、最安値を探すのがとても面倒なんですよね。そもそもそれって売りもんなんですか?みたいな。

そこでちょっとした発想の転換から、効率的に安値の商品を探すテクニック(というほどのものではない)をご紹介します。

安値のものを探そうとすると、こうなる

こんな感じの光景…見覚え有りませんか?

2011-01-30_1637

イーモバ契約で…とかフレッツを同時に契約で…みたいなうたい文句で、1円や100円の抱き合わせ商品が延々と続くのです。そうでなくても、とても細かい付属品などが続く時もありますよね。いったい何ページめくったら商品は出てくるんだ!みたいな。買いたいのはそれじゃ無いんだよ…と若干の無力感にさいなまれたりすることも。

1つの解決策として価格の足切り

そんな時の解決策の1つとして有効なのが価格の足切りです。

たとえば100円以上の商品だけにしてみるとか。

2011-01-30_1637

ちなみに画像では100円と入力していますが、実際は106円くらいにしたほうが足切りの効果は高いです。しかし色々と試してわかりましたが、5000円とか微妙な値段にしている抱き合わせ系もあるんですよね。本当に検索ノイズだわ…。

逆転の発想…価格が高い順に並べる

ということで最終的にいきついたのがこれ「価格の高い順に並べる」です。

結局商品の価格帯ってある程度の幅しかありません。下から探すとノイズにあふれているのであれば、上から探した方が早いんじゃね?ということです。

前述の通り、このところPS3だとか自転車だとかを検索するときがありましたが、だいたいうまくいっていますね。先の価格で足切りをする技と組み合わせて価格上限を定価やだいたいの市販価格にするとさらに効果的です。

もう完全に小ネタレベルで付け加えておくと、検索クエリーに「ポイント」と入れておくと、ポイント祭りをしている商品が(完璧では無いにしろ)引っかかってきますのでそちらもオススメ。

小技でした!