Home / 写真記事 / 【写真】ぼかせば、カップ麺もとてもおいしそうに写る?

【写真】ぼかせば、カップ麺もとてもおいしそうに写る?

IMG_4193.jpg

ぼかせば、カップ麺でもとてもおいしそうに撮影できる!?

ということで、小ネタとして、コシナーのカールツァイスレンズを使ってお手軽に、かつおいしそうに撮ってみました。

IMG_4187.jpg

題材はこちら、明星食品の「ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ」です。使用レンズはこちら。



スポンサードリンク

F2.8でぼかして撮ろう

さて、おいしそうに撮る方法ですが、レンズさえあればあとは簡単。

IMG_4195.jpg

これを

IMG_4193.jpg

こうする感じ。

具体的には、麺を箸で持ち上げて、そこにフォーカスを合わせて撮る、それだけです。ちなみに右手で箸を持ち、左手でカメラを支えるようにもって、中指でシャッター切っています。けっこう大変(笑) マニュアルフォーカスのレンズなので、おおよそのピントは合わせておいて、あとはファインダーのぞきながら前後移動で微調整しました。

 

カメラロール-5928
こんな感じね。

Exifは以下の通りです。

Canon EOS 5D Mark III / 50.0 mm / f/2.8 / ISO 3200 / 1/800 sec

絞りはf1.4までいけるのですが、それだとぼけすぎてラーメンなのかどうかわからなくなってしまったので、f2.8まで絞りました。箸をもっている手が微妙に震えるので、シャッタスピードを稼ぐためにISOも上げ気味で。カールツァイスレンズはぼけが美しいので、とてもおいしそうに撮れたと思いますがいかがでしょうか?1分くらいでちゃちゃっと撮影したわりには、悪くない気がします。

ちなみに背景がぼけることで、余計なもの(スープの袋とか)が写っていても気にならなくなりました(笑

もちろんこのテクニックはラーメン屋でも使えますが、お店では麺がのびる前にさっさと食べましょう!

 

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。