Home // 雑学/ニュース // Web // mixiページを導入しました(フォローしてね) #mixi

mixiページを導入しました(フォローしてね) #mixi


昨日よりmixiでサービスインした「mixiページ」を早速立ち上げてみました、

内容は…ないよう…なんですが、もしかしたらそのうちクローズドにして、ここだけの秘密情報をつぶやくかもしれません。秘密と言ってもたわいもないことですがw ということでmixiページのお話です。



スポンサードリンク

ところでmixiページですよ。気になるのは、用意周到・作り込んだかと思わせておきながら、「えっ、それ?」というところがいくつか散見されることです。例えば50名にフォローされると短縮URL「 http://p.mixi.jp/blog 」などが取得できるのですが、実はコレ、bit.ly などと同じく、単なる転送用のURLにすぎなくて、アクセスしたときアドレスバーに表示されるのは「 http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=16071&page_id=2874 」こんなに長いURLなのです。なんで短い方にしなかったのかな…よくわかりません。

冷静に考えれば、このサービスは完全にFacebookの後追いであるとも言えるでしょう。名前からして同じですからね。ただ、Facebookの場合はあくまで「実名でつながれない人と交流するファンページとしての存在」であったのに対し、mixiの場合はすでに個人のページが「匿名」で成立してしまっているため、ファンのためのページを作る意義があまり見いだせません。芸能人アカウントもいくらかいますが、彼らが改めてmixiページを作るメリットがあるかといえば、それはNoでしょう。また、mixiにしかいない僕の田舎の友人も、まさかmixiページに魅力を見出して改めて作成するか…とは到底思えません。いったい誰に、どんな使い方をしてほしかったのかが謎です。せめて最初の段階からコミュニティとの融合や、マイミクにフォローしてもらいやすい仕組みなど、いままで構築したソーシャルグラフを生かせる仕組みが導入されていればなあ…とは思うんですけどね。まあ、仕様を検討する段階で当然判断されたのだとは思いますが。

もちろん、今後個人ページやコミュニティに大きな変革が生まれるのは間違いないとは思います。しかし、現状どうにも中途半端で解せません、

さて、このmixiページ、いったいいつまで話題の中心となることができるでしょうか…。

 

あ、言い忘れましたが、僕のmixiページはこちらです。

エアロプレインのmixiページ

ちなみにあられもないURLが取り放題で、別の意味で楽しいことが起きていたのはここだけの秘密です。

 
世界不思議大全
4054025005
 




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA