【試合直前】 5分でわかる日本vsオーストラリア戦見所 【アジア杯決勝】

2014/12/21サッカー/フットサル, 読み物soccer, 読み物

本日24時(つまり明日30日の0時)からはじまる、サッカーAFCアジアカップの決勝戦、日本vsオーストラリア。

この試合の見所を5分でわかるようにまとめました。

試合の内容系

まずは試合の内容に関することです。

今大会1失点のみのオーストラリアDFを崩せるか

オーストラリアは今大会で1失点しかしていません。それも韓国相手です。守備力に関しては今大会参加チーム屈指と言って良いでしょう。なにより身長が高く、足も長い。組織も良く訓練されています。

日本の攻撃陣は、前田の頭ではなく、足下にボールを入れてポストプレーからシュートを狙うか、岡崎がオーストラリアDFの裏に走り込みまくるかのプレーが鍵となりそうです。相手が混乱するくらいのダイナミックなプレーを期待したいですね。

韓国戦で露呈したDF陣の弱点をカバーできるか

韓国戦では主審との相性もありましたが、放り込まれるボールに対してことごとく後手を取っていました。この弱点はオーストラリアも突いてくるでしょうから、どう日本の選手が防ぐのか、放り込まれた次のプレーを工夫するのか、注目です。

それでなくてもオーストラリアの放り込みを防げたことがないのですがね…。

香川の不在をどうフォローするか

香川がいるとボールを前に運ぶスピードが上がるのですが、不在なことで横パスがちょっと増えるかもしれません。代役の藤本が運動量的にもカバーすることができるかどうか、ここがポイントにもなりそうです。ちなみに藤本と岡崎はチームが同じだったのでアウンの呼吸です。

新しいヒーローは誰か

今大会、日本は試合ごとに新しいヒーローが誕生していました。この試合でもヒーローが生まれるなら、優勝に1歩近づいたと言えるかもしれません。

FKで得点を決めるか

ワールドカップで評価を上げた日本のFKですが、今大会ではまったくもって得点源とできておりません。名誉挽回なるでしょうか。

日本をよく知るオジェック監督

なんといっても、少し前まで浦和の監督をやっていた監督です。日本人のプレーは熟知しているはずですが、それもあくまで数年前のこと。逆にここ数年で恐ろしいほど成長したということを見せつけてやりましょう。

ザッケローニ監督のイタリア魂を見られるか

日本代表の成長のため、メンバー間の関係成熟を優先してきた監督ですが、さすがに優勝がかかった試合では勝利に徹するかもしれません。早めの選手交代が見られるかも。

主審が優秀

主審はアジアMVPのイルマトフさん。こちらにも期待できます。

優勝の意義系

優勝するモチベーションに関して

コンフェデレーションズカップに出られるか?

優勝すると、各大陸の王者が集うコンフェデれーションズカップに出ることが出来ます。有力な国とFIFAの大会で戦うことができるこのチャンスを、逃すことはできません。

欧州各国への移籍アピールとして

この試合は欧州からも注目されており、選手達が自分を売り込むためには格好の場面。移籍交渉中の選手も、これから移籍の話を持ちかけられる選手も、自身がキャリアアップするために大事な試合となります。

ほかにもあるとは思うけど

とりあえず試合前の5分くらいでササッと確認しておくのは、これくらいで良いんじゃないでしょうかね。他にも「これが抜けてるだろ!」って大事なことがあれば、Twitterから教えてください。

なおTwitterでは試合中のプレー解説・速報もお送りする予定ですので、ぜひフォローしてくださいね。