Home // 旅行記事 // 東京近郊 (page 4)

東京近郊

雪菓@巣鴨「変化球でいきたい」そう宣言するかき氷専門店

かき氷 雪菓 巣鴨

大変に貴重な、天然氷のかき氷が食べられる店、それが巣鴨の雪菓(せっか)です。

こちらのお店、知人の息子さんがやられているということで、特別に試食の機会をいただきました。

かき氷 雪菓 巣鴨

場所は巣鴨のメインストリートから少し入ったところ。といっても、とげ抜き地蔵のすぐ脇です。

かき氷 雪菓 巣鴨

目と鼻の先。

かき氷 雪菓 巣鴨

こちらお品書き。

いちごミルク
安納芋
ブルーベリーヨーグルト
ブルーベリーチーズ
カスタード
ゆず茶
抹茶

マンゴー

納豆きなこ

となっていますが、季節や日によって入れ替わりもあるとのこと。いちごミルクなどは定番なので売り切れない限り大丈夫そう。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

まずは一番人気のイチゴミルクからいただきます。

かき氷 雪菓 巣鴨

これが天然氷!

不思議なことに、シャリシャリしていません。ふんわり、といってもよいくらいになめらかです。

かき氷 雪菓 巣鴨

いちご(紅ほっぺ)の果肉がこれでもかと。うん、これはうまい。ソースもれん乳ももちろん自家製。いちごミルクってのはフレーバーとして王道だけど、かなり高いレベルでまとまっていると思う。なにより、氷の食感といちごの果肉感がたまらない。これは…うま…。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

削りはこだわりの手動!

かき氷 雪菓 巣鴨

たくさんあるフレーバーのソースはほぼ自家製!

かき氷 雪菓 巣鴨

かき氷器は「初雪」という名前。

けっこう高いですね。

天然氷と手削りにこだわるという、かなりコストをかけた作りになっているのが特徴ですねえ。

店長の本田さんによれば「そこまで難しくない」とは言いますが、作っているところはなかなかに見事ですよ。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

創業明治27年、日光は松月さんの天然氷を使っています。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

さて、お次のかき氷は不穏な雰囲気。

え、なにこれ。

このにおいは…。

納豆きなこです…。

すみません、僕には厳しいのでわんぱくさんにお願いしました。

かき氷 雪菓 巣鴨

特製のみつをかけて食べるようです。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

かきこむ、わんぱく氏。

氏によれば、完全に納豆だと。ねばり、香り、風味、全てが納豆だとのことです。これは変化球すぎる。日本でもここだけなのでは?

 

かき氷 雪菓 巣鴨

次はなんとなんと、驚きの安納芋。

これがびっくりしたことに、芋なんです。何を言っているかわからないと思いますが、これは「料理」ですよ。安納芋ペーストの氷がけ、という料理。そこまで甘くなく、安納芋の風味が前面に押し出されています。

これはこれでスイーツとして新しい。

しかし、甘みも欲しいですよね。

かき氷 雪菓 巣鴨

そこでれん乳(自家製なうえに無料でかけ放題)を頼んだ…はずが…ちゅ、注射器?

 

かき氷 雪菓 巣鴨

そう、こちらのれん乳は注射器でかけるのです。なんだそれは(笑

しかしながら、これにもちゃーんと理由がありました。

こちらの雪菓さんは、変化球のかき氷を多く取り扱っているため、甘さ控えめのものがけっこうあります。そこで、れん乳はかけほうだいとなっているんですね。自分の好みで、好きなだけかけてもらう方式です。

そこで、多くのお客さんからオーダーが入ってもすぐ対応でき(つまり事前に準備でき)、お客さんが自由に好きなだけかけられ、さらに少しだけ面白いものを…と考えた時、注射器に行き着いたんだそうです。

たしかに、事前に充填して提供すれば時間はかかりませんよね。面白い。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

いやーそれにしても、天然氷の食感のいいこと!シャリシャリ、ではないんですよ。ふわっふわっなんです。キーンとこないのも不思議です。

 

はい、そして次は黄色いあいつ。

かき氷 雪菓 巣鴨

実はこれ、カスタードです。濃厚なバニラビーンズ入りカスタードを自作で作っているとのこと。

かき氷 雪菓 巣鴨

プリンか(笑

こちらはまだ試行錯誤している途中なようです。思いのほか甘くなく、カスタードのまったりした感じが楽しめます。個人的には、プリンにしてほしいぞ。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

どんどんいきましょう。こちら、ブルーベリーチーズです。見るかに濃厚。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

しかしこれもそこまで甘くない。だんだんわかってきました。雪菓はその名の通り、「菓子」を提供しているんですね。かき氷だけど、既存のかき氷の枠からすこし逸脱するような、そんなフレーバーを揃えているのがこちらのお店なんでしょう。

これもれん乳かけると、グッと複雑な味になってナイスでした。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

お次は抹茶。これまで、本当に抹茶のかき氷を抹茶で作った店があったでしょうか。あったとは思うけど、これは渋い。本気で甘くない。いや、甘いんだけどこれはお茶の甘さだ。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

ハードな色、してるでしょ?

かき氷 雪菓 巣鴨

実はこれが、お茶好きにはかなりいける。本当にお茶なんだもん…。もちろんここにれん乳かけると、お馴染みの味になります。ドバーッと、ドバーっと豪快にかけて食してほしいです。甘苦いの、おいしいぞ。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

次のこちらは、なんと「栗」です。

かき氷 雪菓 巣鴨
この時期に栗を出してくるのはなかなか面白い。これはかき氷のモンブランですねえ。栗の自然な甘さが生きています。途中でれん乳をかけて甘くしてもよし、そのまま自然な甘さでいくもよし。これも変化球ですなあ。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

相変わらず、ガンガン削る本田さん。

かき氷 雪菓 巣鴨

回る天然氷。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

次はシンプルなブルーベリーヨーグルトです。

かき氷 雪菓 巣鴨

ブルーベリーの甘さより、ヨーグルトの酸味が前に出ているタイプですね。これも夏場にはいいなあ。酸味のあるかき氷ってあんまり聞かないよね。完全なる大人の味。

ああそうか、ここのフレーバーって、パンに付けてもおいしそうなものばかりなんだなあ。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

こちら、期間限定の梨。もしかしたらもう売ってないかも。

かき氷 雪菓 巣鴨

氷のふわふわ感と、梨のしゃりしゃり感のマリアージュは不思議な感じです。みずみずしい甘さ。れん乳をかけると夏場のスイーツに早変わり。不思議だ。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

次のこれ、わかりますか?

若い人は知らないんじゃないかって思うくらい渋くて、巣鴨にマッチした商品。こちら、ゆず茶です。

まさかかき氷で食べる日が来るとは思わなかった…。

かき氷 雪菓 巣鴨

かき氷 雪菓 巣鴨

ゆず果肉満点。これ完全に和菓子ですよ。和菓子。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

そして最後にきたのが、マンゴーです。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

もちろん自家製ソース。でなければ、こんなに濃厚で、かつ甘さ控えめにできるわけがないです。

マンゴーの優しい甘さと香りが封じ込められたソースですね…。ちなみにこの氷だけ、特製のミルクアイスにしてもらいました。ミルクアイスはれん乳で作った氷を削ったものです。

でもこちらのお店に来たら、ぜひ天然氷を味わって欲しい!

 

お口直しはいちご氷

かき氷 雪菓 巣鴨

最後に、スプーンで食べられるいちご氷です。

かき氷 雪菓 巣鴨

普通にうまい。

店主・本田さんが語る

かき氷 雪菓 巣鴨

ということで、全て食べさせてもらいました。こちらが店主の本田さんです。

そもそもさいたま市に造詣の深い本田さんがなぜ巣鴨に!?と思うのですが、この地域密着感のある商店街、しかも巣鴨地蔵のすぐ脇という立地を見つけたので、ここでチャレンジしてみたかった、とのことなんですよね。

たしかに最近巣鴨熱いんだよなあ。この和菓子ライクなかき氷なら、年配の方にもうけそう。

 

気になったのは、なぜここまで直球では無いフレーバーを揃えたのか、ということですが、そこには「変化球でいきたい」という強い想いがあったそうなんです。

天然氷を使って、それを普通のありふれたフレーバーにしても売れるだろうけど、自分は新しい自家製フレーバーで勝負したい。そんな気持ちに溢れていました。

ただし、そんなことを言っていると王道のかき氷を求める人には応えられ無さそうですが、ところがどっこい、ここのいちごみるくは凄まじくうまい。実はあれ1本でもやってけるんじゃないかって思うほどにうまい。

個人的には、こちらのお店ではまず いちごミルク を食べて、その後変化球にいくのがいいんじゃないかって思います。

 

かき氷 雪菓 巣鴨

もちろんですが、お持ち帰りも可能です。

 

ということで、雪菓さん、試食会をありがとうございました!

 

関連リンク

かき氷工房 雪菓 | – かき氷工房 雪菓 –
http://snow-sweets.com/

関連ランキング:かき氷 | 巣鴨駅庚申塚駅巣鴨新田駅

やはりマンダリンオリエンタル東京(のトイレ)からのスカイツリーは素晴らしい

MandarinOriental Tokyo

泊まるところとしても素晴らしいのですが、スカイツリー撮影場所としてのマンダリンオリエンタル東京はより素晴らしい!ということをアピールしています。

また宿泊がてら撮ってきましたので、ご紹介。ほんと素晴らしいホテルです!

Read More »

羽生PAの鬼平江戸処で、江戸時代のグルメと鬼平犯科帳の世界を満喫!

池波正太郎原作の、最強江戸グルメ小説と言えば、間違いなく鬼平犯科帳でしょう。え、鬼平って捕り物系の話じゃないのかって?それは、半分当たりですが半分はずれ。軍鶏、団子、そば、うなぎ…話中の節々に表れるとてもおいしそうな江戸グルメこそ、鬼平犯科帳の魅力と言えましょう。

そんな鬼平のグルメを楽しむことができる「鬼平江戸処」が東北自動車道の羽生PA(上り)にできましたので、早速行ってきました!

Read More »

たぶん今だけ!渋谷駅の下に封印されていた暗渠の渋谷川を見に行こう!

渋谷駅の真下には「渋谷川」という川が流れているって、実はあんまり知られていませんよね。それもそのはず、上には建物やら道路ができてしまい、いわゆるフタをされた水路「暗渠」になっているからです。でも!いまなら開いてるんです、その暗渠。「春の小川はさらさらいくよ〜」と歌われたモデルとも言われる渋谷川、見に行ってみませんか。

 

Read More »

天上の楽園「ピークラウンジ」で都内最強クラスのアフタヌーンティーを楽しむ(高級茶飲み放題!)

ピークラウンジ

お茶、お茶、お茶。緑茶から紅茶、ハーブティーからコーヒーまで、とにかくお茶系が大好きなのりおです。静岡県のお茶農家の孫ということで「常にお茶が湯飲みに入っている」という環境が僕をこうさせたのだと思いますが、とにかくお茶には貪欲です。

そんな僕が都内でも最強クラスと太鼓判を押すアフタヌーンティーが、パークハイアット東京のピークラウンジで楽しむそれです。41Fから眺める絶景と、数あるホテルラウンジの中でも最高峰の内容は、お茶好きなら1度は味わうべき!というか本当にピークラウンジ大好きなんです。久々に行けたので、ついに紹介しちゃうぞ。

Read More »

異国感たっぷりなJazzLiveの空間を楽しむニューヨーク・バー@パークハイアット東京

ニューヨーク バー

確かに新宿なんだけど、エレベーターが開いた瞬間から、まるでテレポートしてしまったかのような錯覚に陥る。まさに日本だけど日本じゃ無い空間、それが、ニューヨーク・バー。生のJazzLiveと超高層の夜景をバックに楽しくお酒が飲めるのは、日本でも数少ないはずです。

Read More »

恵比寿ガーデンプレイスのバカラ・シャンデリア&クリスマスツリーのイルミネーションが今年も…!

恵比寿ガーデンプレイスで毎年この時期に設置されるバカラ・シャンデリアと、クリスマスツリーのイルミネーションを見てきました。これははっきり言って想像以上。雰囲気も良いし、11月ならそんなに混んでいません。いくなら今だ!

Read More »

ギネス級地下施設 首都圏外郭放水路@春日部の巨大地下大神殿レポート!

首都圏外郭放水路 2013

ここはエスタークの眠る地下大神殿か、それとも未来のネルフ本部か…埼玉県春日部市(旧庄和町)にある首都圏外郭放水路は、巨大建築愛好家でなくても、1度は訪れたいところです。

そんな施設の特別見学会が昨日、今日と開催されているんです。

Read More »