Home / / お茶

お茶

ティーバッグで上手にお茶を入れるため、あのキッチン用品を使う!

以前から何度も書いているように、お茶をいれるのが趣味です。それは紅茶でもいいし、緑茶でもハーブティーでも、そしてそれが茶葉からでもティーバッグでも、とにかくお茶をいれるのが好きです。そして、できるかぎり美味しくなるように都度改善をしていくのがもっと好きです。

さて、そんな何年間もの活動の末「ティーバッグはこうやって淹れたら簡単な上に味が段違い」というノウハウを確立するに至りましたので、そちらを共有します。答えからいいますと、ティーバッグを入れたカップをサランラップにてフタします。これだけでOK。

 

Read More »


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


PUKKA(パッカ)手軽に楽しめて万人にオススメできる英国発ハーブティー!

PUKKA パッカ リラックス

久々にお茶の話題を。今回紹介するのは、PUKKA(パッカ)というティーバッグのハーブティー。基本的にはノンカフェインで(例外あり)かつ入手しやすいという妊産婦などに優しい商品でもあり、おどろくほどに美味しく、僕のハーブティー観を変えてくれた製品のひとつでもあります。(ちなみにハーブによっては妊婦さんや授乳期にはあまり推奨されないと考えられるものもあるようですので、気にする方など、各自の判断にてお願いしますね)

Read More »

人生最大の目的のひとつモルトの聖地「アイラ島」へ行ってきます #夢見た英国文化

LAPHROAIG 15y at ハングオーバー

この週末より、人生最大の目的のひとつ、シングルモルトウイスキーの聖地「アイラ島」を巡る、イギリスの旅へ出てきます。題して今回の旅は「夢見た英国文化」ツアー。いつか…と夢見ていた英国文化を、今回の10日間の旅で体験し尽くしてきます。

Read More »

マリアージュ・フレール日本未発売なNZの紅茶「Maori Noir」が大変に美味しい【紅茶】

screenshot-www.mariagefreres.com 2015-08-26 12-49-01

今回のユーレイルプレスツアーでフランスに立ち寄った際、マリアージュ・フレールの本店に行ってきました。そこでは、日本の店とは比べものにならない数の紅茶と、なにより日本では取り扱いがない新作が大量に…。

そんなわけで、現地スタッフと相談しつつ購入してきた銘柄をいくつか紹介したいと思います。今回はそれはもう珍しいニュージーランドの紅茶「Maori Noir(マオリノワール)」です。

Read More »

脱「茶さじ1杯」おいしくお茶をいれるポイントがそこにある(計量のススメ)

Fortnum & Mason AfternoonTea

みなさん、お茶飲んでますか?実はお茶農家の家系だったこともあり、食卓には常にお茶があった環境で育ってきたため、お茶がないと落ち着かないんです。そんなわけで、今でも毎日お茶をいれています。

ということもありまして、今後はお茶に関することも書いていこうかなって思っています。まず今回は誰でもできるおいしいお茶をいれるためのポイントをご紹介します。特に今日覚えてほしいのは「茶さじ○杯」を卒業するってことなんですよ。

Read More »

いいね!静岡市の呉服町にあるスタバが2店ともユニークでかっこいい。

先日、静岡に仕事で行ったのですが、その際に寄ったスターバックス静岡呉服町通り店がとってもユニークだったのでご紹介。…と、そういえばこのお店から200mくらいしか離れていない市役所前店も独創的だったなあということで、ついでにそちらの話も。

Read More »

「お~いお茶 瓶入り緑茶」が清涼飲料水の限界を超えたうまさ…茶飲料30年の歴史を感じる完成度!

カメラロール-8313

いつもの通りナチュラルローソンへ行ったところ、衝撃的な商品がありました。それがこちら、なんと瓶入りのお〜いお茶です。どうやら茶飲料誕生30周年の記念に作られた限定品だとのこと。これがですね、もう限界値だろってくらいうまいんですよ。値段も500円と破格ではありますが。

Read More »

なぜ「綾鷹茶会」はここまで力を入れて茶の淹れ方や合組を体験させるのか?

綾鷹茶会

先日、「綾鷹茶会」という、日本コカ・コーラさん主催のイベントに参加しました。このイベント、ペットボトル飲料の綾鷹にまつわるイベントなのは当然なのですが、実は「ペットボトルのお茶飲料を見つめなおす」という意味でとても素晴らしいイベントでした。

今回はイベントレポートの体をとりつつも、「なぜ綾鷹がこのイベントを開催したのか」というところに注力して考えてみたいと思います。

Read More »