埼玉県の新品種苺「あまりん」は果てしなく甘い!「かおり野」も良かったよ!

2018/02/10おいしいものだけ紹介します(食全般), さいたま市(大宮/浦和など)の記事果物, 生活

いちご大好きなのりおです。

たぶん「いちごが好き」って人は世の中にたくさんいると思うんですが、このいちごを食べたことがある人は、そんなにいないのでは…という強烈ないちごがありますので、今回はそれを紹介します。その名も「あまりん」。とにかく甘さに特化した、埼玉県限定のいちごです。

まだデビューして2期目のいちご「あまりん」

この「あまりん」を知っていたら、あなたは埼玉県に由来がある人でしょう。なぜなら「あまりん」は埼玉県でしか作れない新品種なうえに、2017年からのデビューとあって、ほとんど流通していません。正直、僕も今年になって初めてその存在を知りました。(本格流通は今シーズンからだそう)

そもそも名前がすごいですよね。「あまりん」ですもんね。その名の通り、甘さにステータスを振り切った品種で、食べる前の評判では「れん乳をかけているような味わいがする」ということで、「またまた〜」って思っていたんですが…ガチでした。糖度にして15度以上ありそうな味です。とにかくこんなに甘いいちごははじめて…かも。

あまりん

酸味はほとんどなくて、見た目も真っ赤。いわゆる酸味とのバランスを楽しむ「いちごらしいいちご」とはちょっと言えないですけど、とにかく甘いイチゴが食べたい人にはいいですねぇ。子供は大喜びです。この味だと、恐らくケーキに乗ることは無いんじゃないかな。

あまりん

難点はちょっと身が柔らかいことですかね…すぐに傷物になってしまいます。なんで、ちょっと贈答には向かないかもしれないですね。

ただ個人宅で食べる分には間違い無く、甘くてはずれがない品種と言えそうですよ。

実は今回、同じく新品種の「かおり野」も食べました。こちらは香りにステータスを振り切った…わけではなく、香り高さと味わいのバランスがとても良いいちごでした。摘み立ての花の匂いが感じられるなんて、パックいちごではすごいことなんじゃないかと。通常で考えたら、かおり野のほうが「ああ、いちご食べたなあ」って感じになるかなあ。

注記:すみません、上記ですが埼玉県の「かおりん」ではなく三重県発の「かおり野」だったようです。当初の記載より訂正させていただきます。このあたり名前が似ててあやうい…。

 

残念ながらかおり野の写真は撮り忘れてしまいました。

 

エアロプレイン雑感

あまりんは「あまい果物食べたなあ〜」って思うこと必死。一方でかおり野は「すごいいちご食べたなあ〜」って感じで、いちごの最上位系な感じですね。あまりんは本当に甘くて衝撃的。埼玉県のいちごです!と自信をもってアピールできそうです。

 

「あまりん」と「かおり野」

県育成いちご新品種の愛称「かおりん」と「あまりん」に 決定!!  – 埼玉県

かおり野<イチゴの品種:旬の果物百科

 

今回は「いちごの関園」さんで買いました。

いちごの関園 | 新鮮いちごの生産・直売