PR-A300SEとWXR-1900DHPシリーズの組み合わせでネットにつながらなくなった時試したいこと

製品/サービスレビュールーター

Translate:

WXR-1900DHP レビュー

我が家では、NTT東日本のフレッツ光、プロバイダーはASAHIネットを利用していて、機器としてはPR-A300SEとWXR-1900DHPシリーズを用いてインターネットに接続しています。

デュアルコアCPUは伊達じゃない。NASもDLNAも快適なハイパワー無線ルーター「WXR-1900DHP」は細かい親切さも嬉しい! [エアロプレイン]

ところが昨晩家に帰ってみると、このインターネットにつながらない。何度ためしてもつながらない。その後色々試しまして、復旧できたのは夜中の3時でした。ということで、その時の解決策をメモしておきます。

 

 

ルーターモードが「AUTO」の場合にハマることがある

今回の事象でハマったのは、どうやらWXR-1900DHPのルーターモードが「AUTO」になっていたからのようでした。このモード設定の場合、PPPoEの接続になんらかの障害があった場合、自動的にWXR-1900DHPがルーターの役割をやめてしまいます。

具体的には挙動としてこんな感じでした。

 

・ルーターを起動する。この時点で192.168.11.XXXにてルーターとして稼働、192.168.11.xxxのIPアドレスを機器に割り当て

・PPPoEの接続につながらないで30秒ほど経過

・機械が自動でルーター機能を解除。192.168.11.xxxのDHCPアドレス割り当ても解除
(さらに、その後はONU側によるDHCPが有効になって 192.168.1.xxx のアドレスじゃないとルーターにアクセスできなくなる罠)

 

ルーターモードが解除されるとDHCPのアドレス割り当ても解除されてしまうため、家庭内Wi-FiのSSIDには接続できているのに、インターネットどころか家庭内LANにさえつながらないという現象が発生し、かなり混乱しました。

 

で、ポイントとしてはこの現象が起きると次回からPPPoEの接続をするまえに、AUTOモードの挙動に従って機器側で自動的にルーターモードを解除してしまうようになる点です(再現性があるかどうかは不明)。これでは何度ルーターを再起動してもインターネットにつながりません。

そこでどうするかといえば、このAUTOモードを解除するわけですが、実はこれ、ルーター側の設定画面には存在しません。じゃあハードウェアスイッチだろうと前面、背面、側面を探しましたが、そこにもありません。???と思ってマニュアルを読むと、なんとなんと、このスイッチは「底面」にありました。

底面のルーターモードのスイッチを「マニュアル」にすると、晴れてPPPoE接続をすることがかないまして、インターネット接続が有効に。当然ですが、WXR-1900DHPも問答無用でルーターとして動くようになりました。

 

エアロプレイン雑感

まとめると

・ルーターモードが解除されるとDHCPが働かなくなるので混乱する

・ハードウェアスイッチが底面という気がつきにくい場所にある

この2点がすべてでした。

 

この機器の組み合わせで、なぜかネットにつながらない(PPPoE接続できないっぽい)と思われたなら、ぜひこの方法を試してみてください。

なお、後から探したらbuffalo側でも同様の方法を勧めていましたので、紹介しておきます。

 

急にインターネットがつながらなくなりました - アンサー詳細 | BUFFALO バッファロー