「世界盆栽大会」聖地大宮(盆栽町)に世界の盆栽師と日本最高の盆栽が集結!

さいたま市(大宮/浦和など)の記事盆栽

Translate:

    気がつけば盆栽も3年目ののりおです。

    GWはじめの週末、具体的には4月28日(金)から4月30日(日)にかけて(愛好家向けには4月27日(木)から)、さいたま市の大宮を中心に開催される、あるジャンルにおける世界最高峰のイベントがあります。それが「世界盆栽大会」です。

    世界に誇る盆栽の町、大宮の盆栽町を熱源として開催されるこのイベントは、基本的に盆栽の愛好家と一般向けに別れたプログラムになっているのですが、この一般向けでは、たったの1,000円(前売り券だと800円」)で日本最高の自然美術品を鑑賞できるという、素晴らしい催しになっています。

    世界盆栽大会って?

    五葉松 Goyo-matsu (Japanese Five Needle Pine) - 盆栽美術館 - bonsai museum

    公式サイトから引用すると

    世界盆栽大会は世界中の盆栽愛好家が一堂に集い、学び交流する大会で、1989 年、盆栽の故郷・さいたま市 (旧大宮市)で第1 回大会が開催されました。 その後4 年おきに世界各国で開催が引き継がれ、盆栽の普及と国際親善に大きく貢献をしてきました。 そして2017 年、28 年ぶりに世界盆栽大会発祥の地・さいたま市で開催します。

    第8回世界盆栽大会inさいたま | 開催概要

    ということで、世界中の盆栽師が集い、交流する場として定義されているのですが、それと時を同じくして、さいたまの地に日本中の最高の盆栽が集結する貴重な機会でもあります。とうぜんですが、こちらは一般の方が楽しむための企画。たったの1,000円(前売りだと800円)でこの規模の盆栽展示が楽しめるなんて、ちょっと考えられません。

    そんな企画がこちら、さいたまスーパーアリーナで開催される「日本の盆栽水石至宝展」です。

    主な企画としては以下のものがあるそう。

    ①『第8回世界盆栽大会 in さいたま』シンボル盆栽 真柏 銘「飛龍」
    ②企画展示「盆栽の文化と歴史」
    ③特別展1 「 皇居の盆栽特別展示」
    ④特別展2 「 日本の名品」
    ⑤盆栽出品展示
    ⑥世界のBONSAI紀行現在
    ⑦子ども盆栽の展示
    ⑧至宝展ステージ
    ⑨さいたま市ブース
    ⑩茶庭
    ⑪さいたま市民の盆栽展示
    ⑫売店・出展ブース
    ⑬日本小品盆栽組合デモンストレーションステージ
    ⑭海外輸出向け売店コーナー

    個人的に気になるのが、③の「江戸時代から明治、大正、昭和と400年余の歳月が形として生きている皇居の盆栽と盆器」と、④の「川端康成旧蔵の五葉松、大隈重信旧蔵の赤松、広島の原爆を生き抜いた黒松、世界盆栽大会創設者である加藤三郎ゆかりの蝦夷松など、歴史的に価値のある盆栽」、さらには⑤の「日本全国の愛好家が所蔵する盆栽・水石の名品約300席を一堂に展示します。展示席数、展示作品のレベルともに、最大規模の展示会となります」ですかね。

    開催概要:
    日時:4月28日(金)~30日(日)会場:さいたまスーパーアリーナ
    9時半から18時(最終日のみ17時まで)

     

    いっしょにまわりたい「盆栽美術館」と「盆栽村」

    盆栽美術館 貴重盆栽展

    ちなみに、せっかくさいたまスーパーアリーナまできたら、もう少し足を伸ばして訪れて欲しいのが「盆栽美術館」と「盆栽村」です。僕もなんどもレポートしている、盆栽を鑑賞するにはうってつけの施設と地域です。

    さいたま市大宮盆栽美術館

    盆栽美術館はスーパーアリーナのチケットがあると入場料が割引になりますので、お忘れ無く。

    盆栽村は盆栽美術館の周辺にある「盆栽町(ほんとうにこの名前です)」のことで、この地域には日本に名だたる盆栽園が多数存在し、それが会期中は解放されているというものすごいことになっています。

    この盆栽美術館/盆栽村へは、さいたまスーパーアリーナの最寄りである「さいたま新都心駅」から宇都宮線の鈍行で1本、約10分乗って「土呂駅」へ移動してください。他にもタクシーとか、地域のレンタルサイクルとかもありますので、参考まで。

    さいたま市コミュニティサイクル|自転車・レンタサイクル

     

    会場については、世界盆栽大会のサブ会場情報が詳しいですね。サブ会場はほかにも氷川神社などがありますので、ぜひチェックしてみてください。

    第8回世界盆栽大会inさいたま | サブ会場情報

     

    僕も何年か盆栽をやってみて、公私で何度も盆栽美術館に行ってますが、この見立ての文化といいますか、デフォルメ文化といいますか、ひとつの自然を相手に表現をするというのが、すごくいいのです。見ても、やっても、どちらも面白い。素晴らしい文化です。

    ぜひ会期中はさいたま市へお越しください。

     

    エアロプレイン雑感

    いままで書いてきた盆栽の記事もよろしく。

    盆栽 の検索結果 [エアロプレイン]

    なお写真はいままで取材で撮影させていただいた盆栽美術館の盆栽たちです。

    こちらについてはflickrからご覧下さい。

    Search: 盆栽 | Flickr

     

    世界盆栽大会

    第8回世界盆栽大会inさいたま