Home // 育児 // 「子どもが新しい言葉を発したら記録する」ためのTwitterアカウントを作りました

「子どもが新しい言葉を発したら記録する」ためのTwitterアカウントを作りました


もうほとんどタイトルで言い切ってしまったのですが、子どもが2歳になり、ここ最近目覚ましいほどに新しい言葉を口にするので、いつ何を言い始めたのか記録するためのTwitterアカウントを作りました。



スポンサードリンク

 

オノマトペが面白い

この頃の子どもって面白くて、耳にしたものを言葉だろうと音だろうと上手に言葉に落としてくるんですよね。舌っ足らずで正しく言えないのもかわいいし、なんというか、とりあえずかわいい。これもオノマトペの一種なんですかねえ。

なお、最近の頻出ワードは「ぴーぽっぽ」ですが、一体なんのことだと思いますか(答えは末尾)。

以前から好きな言葉は「こー!」で、なぜかショベルカーのことです。どういう由来なんだろう。

他にも好きな色の「いーろ(黄色)」や寝る前に電気を消したときの悲しそうな「きえちゃったー」も親としてはツボです。クーイングの頃もかわいかったけど、微妙に意思の疎通が取れる今の時期もバツグンにかわいいっすね…。とりあえずカタカナではないな、全部ひらがなだ。

そんなわけで、気がついたらTwitterにポストしています。もちろん専用の鍵付きアカウントにて。あとで一括ダウンロードもできるし、検索もできるし、Twitterってこういう内輪向けの記録用途にも向いているんですねえ。

 

(追記)オススメのアカウント作成方法

とてもプライベートな内容になると思うので、アカウントの作り方は少し考えました。まずは当然鍵付きです。アカウント用のメアドですが、gmailは AAABBB@gmail.com というメアドに対して AAABBB+ccc@gmail.com というサブアドレスを無制限に作れるため、これを活用しました。+を付けると、cccの部分はメアドに使える英数記号であれば文字数も文字も好きにして大丈夫です。 +child とか +kiroku とかでも大丈夫。ただし電話番号は1つ必要かな?必須だっけか?

また、基本的には普段使いのTwitterのアカウントを、新しいこのアカウントに適宜切り替えて運用するために、iPhone/Androidの公式アプリを使います。

で、この時アカウントを間違えて投稿してしまったときのダメージを最小限にするため、フォロー/フォロワーともにゼロにしております。記録は同じくアプリから個人的に見ればいいだけなんで。共有方法についてはノーアイデアです。

(追記ここまで)

 

エアロプレイン雑感

耳にした音を素直に口にできるので、そりゃー確かに英語とかはじめるにはこの時期なんだろな、ってのがよーくわかりますね。

なお「ぴーぽっぽ」は蒸気機関車のことでした(しゅっぽっぽ→ぴーぽっぽ)。

ちなみにFacebookで意見を募ってみたんですが、他にもGoogleカレンダーに入れたりとか、今風なサービスを使っている人が多いみたいでした。ほんと、今風だ。

 




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す