ハラミのうまみ!虎ノ門最強1,000円以下肉ランチCarne Bar Katete (カルネ バル カテテ)

2016/10/30おいしいものだけ紹介します(食全般)★★★★☆, ランチ, , 虎ノ門

なかなか苦戦していた虎ノ門ランチにて、ついに決定版が見つかったかもしれません。カルネ バル カテテでは、肉バルならではの高質なハラミステーキがなんと980円で食べられるという虎ノ門でも大変に優しい価格設定!これは通うよ…!?

イタリア語でカルネ=肉なのだ

さてこちらのカルネバル。名前を聞いただけで「おっ」と思う人は思うことでしょう。というのも、イタリア語で「カルネ」とは肉のこと。つまりカルネバルってのは、肉バルのことなんですよ。肉と酒をたらふくかっ食らう!それがカルネ バル カテテなわけです。

 

「肉とワインのお店」って書いてあります。


お店は虎ノ門でも超有名店の「ロメスパバルボア」さんの地下にあります。入り口が小さいので見逃さないよう注意しましょう。ちなみに僕は、2回通り過ぎました!

こちらランチメニュー。どうやら肉屋が経営している?ようですね。人気があるのはハラミステーキ(980円)と若鶏もも1枚肉のハーブ漬けグリル(980円)のようです。ちなみに、300円でミニカレーをセットにできますが、周りの人がとにかくこのカレーを頼んでいるので僕も注文してみました。

 

カウンターにはこんなカレンダーが置いてあって、上手だなと。美味しかったら予約しようかなーと思っている人の気持ちを逃しません。

そうこうしているとコールスローが到着。そして数分後には焼き上がったお肉とカレーが到着です!

 

ドライエイジングされているというお肉は大変にやわらかく、また焼き具合が上々。さすが肉バル。肉専門店の意地が垣間見れます。なかなか良いハラミを使っているようで、お肉の味がソースに負けていません。あ、このソースはわさび醤油ソースです。さっぱり目。

これが980円なら安いだろう!とほとんどの人が思うのでは。大きなかたまり肉の端布をうまーく使っているのかもしれませんね。なかなか満足度高いぞ?付け合わせは大根サラダと焼きトマト、そして冷製焼きタマネギです。

忘れてはいけないのが、とにかくみんなが頼むこのカレー。見てください、この肉にくしさ。実際、お肉が大量に入っておりまして、ビーフストロガノフのようなカレーです。味もたいへんおいしい。これならカレーでも勝負できるんじゃないの?と良くメニューを見ると、カルネカレー(980円)というのもありました。受けが広い店だなあ。

ご飯はおかわり自由ということで、これはガッツリ派にも良いお店ですね!

 

エアロプレイン雑感

いやーついに来た、虎ノ門ランチの本命見つけたり…ってところでしょうか。1,000円以下でこの内容なら自信を持って人に勧められます。

なお1点だけ。些細なことですが、カウンターで食べると席によってはエアコンの風がもろに当たり、料理がすぐに冷めてしまうという残念さがありました。仕方が無い気もしつつ、熱々で提供されるだけにちょっともったいないかなあ。

夜はワインを飲みつつワイワイと賑やかなバルになるということで、こちらも気になりますね。夜は夜でまた来てみようかなと思いました。

 

満足度[star rating=”4.5″]
カウンターはエアコン寒いよ度[star rating=”4″]

 

カルネ バル カテテ

Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)
東京都港区虎ノ門1-16-2 岩尾ビル B1F 【地図

ぐるなび – 熟成肉 肉バル CARNE BAR KATETE 虎ノ門店(メニュー/クーポン)