これを知っているだけでGmailが3倍はかどる「label:unread 」

Googleネタの記事, 様々なテクニックGmail, Google

screenshot201605181428

意外と知らない人がいた、ということでさらっと。

僕はGmailのステータスを未読/既読管理することで、タスク管理を兼ねた運用をしているのですが、この時、大変に便利な検索構文があります。それが「label:unread」で、検索結果やラベルに対して「未読のもの」だけを絞り込むことができるという、大変に役立つ機能になっています。

検索窓で「u」とタイプする

この構文「label:unread」の便利なところは、Gmailの様々な機能や検索結果と組みあわせることができるところです。

例えばラベル。たとえば「メルマガ」というラベルボタンを押すと検索窓には 「label:メルマガ」という検索構文が勝手に挿入されます。その後ろへスペースとともにand検索として「label:unread」を追加すると、メルマガラベルの中で未読のメールだけを絞り込むことが可能です。これがとても便利。

特に僕の場合は、既読/未読でタスクを管理しています。今後返信する/作業をするものは、全て「WORK」というラベルを付けた上で「未読」へとステータスを戻し、未来の作業として積み上げています。そのため、この「未読」だけを絞り込むことは、すなわちタスクを明確にすることとして利用できているわけですね。

ちなみに「label:unread」なんて長くて面倒だと思うのですが、おそらく1度以上使ったことがあれば、次からはGmailの検索窓にて「u」と一文字打つだけで候補として表示されるようになるかなと思います(ならなかったらすみません)。

なお、当然ですがスマホのGmailアプリでも利用できます。こちらも検索窓に「u」と入力するだけで利用可能だと思いますので、ぜひ覚えておいてみてください(重ねて、uだけで出てこなかったらすみません)。

 

エアロプレイン雑感

いやーほんと便利。この「label:unread」をぜひ活用してみてください。