Home / 旅行記事 / イギリス/英国 / エディンバラのシンボル「バルモラルホテル」駅直結の5つ星ホテル #夢見た英国文化

エディンバラのシンボル「バルモラルホテル」駅直結の5つ星ホテル #夢見た英国文化

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

昨年の英国旅行ではアイラ島を中心にレポートしていますが、ちゃんとエディンバラにも滞在していました。今回は宿代をエクスペディアさんに負担してもらえるツアーだったので、それならば!と、エディンバラというかスコットランド最強のホテル「バルモラルホテル」をチョイスしました。まさに貴族が泊まるような素晴らしい宿です!



スポンサードリンク

エディンバラの象徴・ランドマークである

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

このバルモラルホテルは、エディンバラ駅にほぼ直結しており、北側の出口から徒歩30秒ほど。オープンは1902年と100年以上の歴史を誇りつつも、内部は適度にリフォームされており、快適そのもの。この重厚感と利便性の共存が、5つ星ホテルたるところなのでしょうね。

さて、そんなバルモラルホテルは、そもそもがエディンバラの街のランドマークとして有名です。先の写真や、下の写真の建物、エディンバラの街並みを紹介するとき、必ずといっていいほど出てきます。そう、この時計台のある建物こそ、バルモラルホテルなのです。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

外から見たらほとんどお城ですよね。今回泊まることができたのは本当にラッキーでした。

 

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

さて、こちらスタンダードルーム。とはいえ、豪華絢爛です。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

こちらデスク。伝統ある建物とはいえ、設備は最新になっているから嬉しいですね。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

お水もガス入り、ガス無し2種類完備。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

なんとGlenlivetのお水!これはテンションあがりますよ。

 

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

さて、バルスルームはガチンコの大理石。バルモラルホテルの特徴のひとつでもあります。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

石けんはMURDOCK。これ、イギリスの高級床屋さんですかね。お洒落です。

 

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

ガウンもしっかりした作り。ふわっふわではなく、しっとりどっしり。入り心地のよいバスルームでした。

 

ルームサービスの食べ物がむちゃくちゃおいしい

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

さて、実はこの日はアイラ島から戻ってきた日でして、大変にくたくた。ということでレストランに行く気にもなれず、ルームサービスを取ったのですが…これがまあ、おいしいのなんの。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

まずビール。イン&ガンという地元のビールですが、さすがスコットランドよろしく、オーク樽で熟成させているという、ウイスキーライクな1本です。飲んでみるととにかく香りが豊か!軽くて飲みやすいのですが、アルコール度数は6%越えとけっこう恐ろしい1本でもあります。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

こちらに合わせたのは、ルームサービスいちおしという「Homemade Blairgowrie beef burger」。小ぶりなものが3連になっておりまして、食べやすい上に、めちゃくちゃおいしい。パティもおいしければ、バンズもおいしい。さわやかな酸味のあるソースと、スコットランドらしい

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

そしてもうね、おかわりしたいくらいおいしかったのがこちら、マッシュルームのスープ。もう形容詞がなくて申し訳ないのですが、うまい、うまい、うまい…。ものすごくうまい。今回の旅で最もおいしかったスープですね。どうやらスープはバルモラルホテルのスペシャリテ?とのことでしたので、伝統的な味なのでしょう。これはものすごかった。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

さすが農業の国だけあって、バターもすばらしいおいしさ。これ日本でも売って欲しいね。

 

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

とはいえ、やっぱりバーガー。さすがスタッフイチオシだけはあったなあ。むちゃくちゃ良かったです。

ごちそうさまでした。

 

エアロプレイン雑感

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

部屋も素晴らしい。食べ物もおいしい。そして、景色も最高なのがバルモラルホテルです。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

ちなみに夜の建物はこんな感じでライトアップされています。本当に街のランドマークなんですよねえ。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

泊まるとこの時計台を真下から見られるのも良かったです。

The Balmoral Edinburgh #夢見た英国文化

ベッドもふかふかで寝心地よく、次の日もすっきり早起きしてエディンバラ城の撮影に挑むのでした。

 

バルモラルホテル

The Balmoral Hotel – Luxury Hotels in Edinburgh – Rocco Forte

 

スペシャルサンクス

航空券と飛行機代をプレゼント当選という形で提供してくれたエクスペディアさん。

アイラツアーで便宜をはかって取材扱いにしていただいた英国政府観光庁さん。

さらにヒースローエクスプレスや特急などに乗れるブリットレイルパスを提供してくださったレイルヨーロッパさん。

スーツケースレンタルをモニターで提供してくれたアールワイレンタルさん。

そして海外での通信を一手に引き受けるモバイルルーターを提供してくれたグローバルWi-Fiさん。

最後に、ありがとうシルバーウィークですね。この連休がなければこの日程は考えられませんでした。仕事関係のみなさんにもありがとう!

 

なお、全て現物支給という形で提供していただいておりますんので、記事に対する対価はいただいていません。記事のほうは自由にいつもの調子で書かせていただこうと思っています。

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA