Home // 旅行記事 // イタリア // イタリアからフランスへと夜を駆ける夜行列車「Thello」 #ユーレイル

イタリアからフランスへと夜を駆ける夜行列車「Thello」 #ユーレイル

thello Milano to Paris

ユーレイルのセレクトパスで行くヨーロッパの旅も、イタリアを終えて次はフランスへ。といっても、イタリアとフランス間は大変に距離があるため、そこそこの時間がかかります。ここで利用するのがユーレイルのパスで割引が受けられる深夜鉄道「Thello」です。今回はミラノからパリ(リヨン)までを利用しました。



スポンサードリンク

日本でイメージする寝台列車とはずいぶん異なる

MilanoCentral
まずは夜のミラノ駅へ。夜でもものすごい人です。

MilanoCentral
出発直前まで番線の案内が無かったため、電光掲示板の前で時間まで待ちました。

 

thello Milano to Paris
こちらがThelloの外観。実はいろいろなデザインの車両が接続されていて、あんまり統一感がないんですね。寝台列車と聞くと、どうしても日本のブルートレインのイメージがあるので、なんとなくギャップがありますね。

 

thello Milano to Paris
今回乗るのは個室のコンパートメント車両。乗り込むとそこには扉ばかり。完全に個室です。

thello Milano to Paris
ちなみに中はベッドを組み立てることによって最大3名まで泊まれる仕様になっていました。

さて、乗り込むと早速のトラブルが。なんといくつかの部屋で電気がつきません。まさか車両の故障!?とかなり焦ったんですが、どうも何かのスイッチが入っていなかったようで、しばらくすると何事もなかったかのように点灯しました。

 

thello Milano to Paris

部屋の中を確認すると、部屋の隅にコンパクトな洗面台が付いています。

thello Milano to Paris
洗面台の中にはアメニティまで。

thello Milano to Paris
スリッパ。

thello Milano to Paris
ハンガー類。

thello Milano to Paris
水と朝食券。

ほか、一応エアコンも付いているのですが、基本は集中管理らしく、走行中は調整が効かなくてめちゃくちゃ暑かったです。もしかしたら就寝時間はエアコン切っているのかも?

 

thello Milano to Paris
この列車で最も注意したいのが鍵です。実はこれ、外からでも器具があれば簡単に開けられてしまいます。列車という特性上仕方が無いのですが、気になる方は扉と何かを繋いで、すぐには開けられないようにしておくと良さそうです。

thello Milano to Paris
僕はベルトで柱と固定して開かないようにしていました。ちらっと見えたのですが、となりの老婦人はヒモで固定していたようです。

 

thello Milano to Paris
室内のスペースですが、スーツケースを開けるといっぱいいっぱいになりますので、必要な荷物は乗り込む前に分けておいた方がいいかもしれませんね。

 

すごく遅れた気がしても、定時に到着の不思議

thello Milano to Paris
気になる運行のほうですが、これまた不思議なことに、出発時間になっても延々と止まったまま。あれれ?と思ううちに1時間ほど押して出発となりました。ああ、これは遅延して到着するんだろうなと思っていた訳ですが、なんとリヨンには定時で到着。

どうやら、かなり余裕をもったスケジュールになっているみたいですね。ということで、出発が遅れてもあまり心配することは無さそうです。

 

thello Milano to Paris
こちらは食堂車。朝食が付いていますので、無料で食べることが出来ます。

thello Milano to Paris
内容はクロワッサンにヨーグルト、ドリンクといったところ。味は一昔前の機内食、といった感じ。美食のイタリアからフランスにかけてを運行していることを考えると、少し物足りないかも(笑

 

あとは車窓を楽しむのを忘れずに。

thello Milano to Paris

thello Milano to Paris

thello Milano to Paris

駅が見えてきたら終点のリヨンまですぐです。特にアナウンスはないため、身支度を忘れずに。前述の通り遅延しているとばかり思っていたため、あれ?着いた?と焦ってしまいました。

IMG_2686.jpg
降車して初めて見る機関車。イタリアの列車はスマートなデザインをしている印象でした。

 

IMG_2681.jpg
さあ、フランスです!

 

エアロプレイン雑感

まさか生まれて初めての寝台列車がヨーロッパだとは思いませんでした。夜に出発するあのドキドキ感、ちょっと新鮮です。電車の中で朝日を見るのもなんか良かったです。寝ている間にイタリアからフランスへ移動しているってなんだかすごい。ちなみにパスポートは車掌さんに預けます。すごいゴツい人で安心感ありました。

なお、朝食ははっきり言って期待しないで、自分で持ち込んだ方が良いかもですね…。

 

 

これまでの記事一覧は「ユーレイル セレクトパスで行く、ヨーロッパ・スイーツを巡る冒険」をご覧下さい。

取材協力

今回の旅では、KLMオランダ航空によるチケットと、現地での交通費および宿泊費と飲食代の大部分をユーレイルGIEグループよりご提供いただいております。ありがとうございます。

また各国を電車で巡る旅には「ユーレイル・セレクトパス」を利用しました。サインのみで次々と電車を乗り継いでいける、最高に便利なチケットですよ。各国のチケット購入ルールも気にする必要がありません!

ユーレイルグループGIE
スイス政府観光局
ベルギーフランダース政府観光局

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。