Home / / お酒 / ストレート禁止?「知多」サントリーの新しいウイスキーはハイボール専用も見据えた香りで飲ませる1本

ストレート禁止?「知多」サントリーの新しいウイスキーはハイボール専用も見据えた香りで飲ませる1本

知多 ハイボール試飲 サントリー

サントリーから久々に発売された新しい蒸留所シリーズ「サントリーウイスキー 知多」。この知多を試し飲みする会に誘っていただきましたので、そちらのレポートをしておきたいと思います。

ざっくりお伝えしますと、珍しいほどにストレート向きでは無く、ハイボールにすることで香りを中心としたその才能が花開く、面白い1本でした。



スポンサードリンク

知多蒸留所とは?

知多 ハイボール試飲 サントリー

正直申しまして、知多蒸留所の存在は知りませんでした。国内の蒸留所は訪問計画を立てているため、だいたい把握していたはずだったんですが、知多は漏れていましたねえ。

そもそも知多蒸留所は、正しくは「サングレイン知多蒸溜所」という名称。サントリー直営ということではなく、子会社にあたります。1972年創業ということですでに43年もの歴史を誇る知多蒸留所ですが、これまではブレンドのためのグレーンウイスキーを専門に作っていたことも有り、あまり日の目をあびることはありませんでした。

ところが2014年の11月にお試しで出した「シングルグレーンウイスキー 知多蒸留所」がスマッシュヒット。昨今のウイスキーブームの後押しもあって、知多蒸留所のラベルを付け発売になった、というのがいきさつのようです。

蒸留所そのものは、山崎や白州とは違って、工場的な趣が強いそう。それもそのはず、グレーンウイスキーを中心に作っているのだとしたら、連続蒸溜式になりますので、スチルポットではなく金属の配管が目立つ、わいゆる「工場的」なそれになるわけですね。

そんな愛知県は知多半島からやってきたグレーンウイスキーが「知多」なのです。

 

風香るハイボールは最高

知多 ハイボール試飲 サントリー

さて、そんなわけで早速知多の試飲です。場所は新橋の「ハイボールバー新橋1923」。レトロな雰囲気が目立っています。

こちらのお店では知多のハイボールをさっそく飲めるようです。

知多 ハイボール試飲 サントリー

まずはサントリーのみなさんにすすめられるがままに知多ハイボールをグビッと。おお、さっぱりしてる。良い意味でウイスキーらしくない後味、それでいてほのかに甘い。そして確かに香りがいい。風香るハイボールとは言い得て妙。

知多 ハイボール試飲 サントリー

色はうっすら金色だけど、ハイボールにするとほぼ透明。なんだろう、角ハイボールの香りのエッセンスを強めて、ボディを弱めた感じかな。こんなハイボールは飲んだことが無いので、ちょっと面白いかも。

知多 ハイボール試飲 サントリー

そういえば知多のラベルは「響」と同じく書家の荻野丹雪氏が担当。ただならぬ気合いを感じます。

知多 ハイボール試飲 サントリー

このヘアラインは風をイメージしたそうです。

 

知多 ハイボール試飲 サントリー

と、そんなことを話しながらみんなでハイボールを飲んでいると…あれ?おかしい。もう3杯目???

 

そう、この知多を使ったハイボールは、良くも悪くもアルコール感と、よく初心者に敬遠される原因となるあの苦味をともなったウイスキー感がかぎりなく少ないのです。といってもアルコール度数は8〜10%くらいはあるわけで、これはなかなかに危険なお酒ですね。

 

ストレートではおすすめしない?

知多 ハイボール試飲 サントリー

せっかくなので酔っ払う前にストレートで飲んでみよう…と頼んでみましたが、これは大失敗。おいしさには個人差があると思いますが、僕はウイスキーという酒の範疇でのおいしさを感じることができませんでした。ボディがない。ないんだよ〜。もちろんグレーンウイスキーなわけですが、それでもここまで個性を感じないストレートも珍しい(笑

ちなみにトワイスアップ(酒と水を1:1)くらいにするとかなりあり。甘み、香りともに前面に出てきて、かつこの濃さでも嫌みがまったくない。食前酒としても良さそうな感じです。本当に驚いたんですが、まるでストレート以外に調整されたかのようなウイスキーなんですねえ。

お酒、特にウイスキーなどのハードリカーって、加水してみるとその実力が良くわかります。1滴の水で花開くものから、トワイスアップがぴったりなものまで幅広くありますが、加水をどっしり受け止めて、自分なりの答えを返せるお酒こそ良いお酒なんだろうな、と僕は思っています。ちなみに高いモルトをストレートで飲んだ後は、グラスの底に残る1滴のウイスキーに1滴水を垂らして、香りを楽しむのが好きだったりします。かなりいいので、お試しあれ。

話がそれましたが、「知多」は確かにその答えを返せるお酒です。これは間違い無い。でもストレートではいまいち。なんだこれ。こんなお酒がいまだかつてあっただろうか(笑

 

和食に合わせてみたい初のウイスキー

知多 ハイボール試飲 サントリー

さて、こうなってくると、じゃあ何の料理に合わせたら良いのかな?ということを考えるわけですが、まず間違い無く和食、それも薄味の京料理などが良いんじゃないかなと。このハイボールは料理の味も香りも邪魔しない。とはいえ、一度口の中をリセットするのには最適の味とのどごしをしている。食前でよし、食中でよし。いまだかつてこんなに和食と合わせられるウイスキーはなかったんじゃないかな。

祇園おかだ

実は毎年京都に行って、いわゆる京料理のお店にもいくわけですが、日本酒以外に「これ!」というお酒を見つけられなかったんですよね。日本酒は食中酒にはいいんだけど、食前酒にはちょっと強い。そんなピースの穴を、このハイボールは埋めてしまうかも。

祇園おかだ

サントリーさん、いまから京都にフル営業かけるべきですよこれは…!

 

知多 ハイボール試飲 サントリー

ということで、2次会は「EDOGIN」さんに行きまして、和食との見事なマリアージュを楽しみました。間違い無し!

 

エアロプレイン雑感

知多 ハイボール試飲 サントリー

ウイスキーはストレート原理主義者の僕からすると、若干邪道でな1本ではあります。しかし、これからのウイスキーの世界を広げていくのにあたっては、とても期待できる逸品なのでは、と思わされました。ただひとつ難をいうなら、値段かな。山崎、白州と同じ値段で並べたとき、果たして知多を選ぶ人がどれくらいいるのか。そこがこのウイスキーの勝負の分かれ目なのかなと思いました。

それにしてもなあ。香りで飲むハイボール。新しい。9月27日(日)までは六本木ヒルズでイベント「風香るラウンジ」をやっているそうですし(下記リンク参照)、サントリーウイスキーのサイトに飲めるお店もまとまってますので、ぜひ1度お試しあれ。


screenshot-www.suntory.co.jp 2015-09-14 01-59-46

サントリーウイスキー知多 風香るラウンジ

 

もしかしたら10年後には、知多から入ったウイスキー愛好家がたくさん増えているかもしれません。

 

関連リンク


screenshot-www.suntory.co.jp 2015-09-14 01-56-26
サントリーウイスキー知多|サントリー

 

サントリー ウイスキー 知多 700ml
[ 5つ星のうち3.3 ]B011WPDV70

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。