Home / 旅行記事 / スイス / グリュイエール村いちのチーズフォンデュが食べられる「Le Chalet(ル・シャレー)」 #ユーレイル

グリュイエール村いちのチーズフォンデュが食べられる「Le Chalet(ル・シャレー)」 #ユーレイル

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

ユーレイルの旅で、チョコレート・トレインに乗ってやってきたグリュイエール村。村の中を一周したあとは、そろそろおなかも減ってきましたね…ということで、ランチになります。して、この村まで来たら食べるものはひとつ、チーズフォンデュですよ。

本場の味をスタイルをご紹介しましょう。

ちなみに1つ前の記事はこちら。


スイスにあるチーズの聖地「グリュイエール村」を尋ねる



スポンサードリンク

村一番のレストラン「Le Chalet」

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

さて、こちらの村で有名なレストランと言えば、中心部の少し高いところにあるロッジ風のレストラン「Le Chalet(ル・シャレー)」です。

ちなみに「Chalet(シャレー)」とは山小屋風宿泊所の総称です。ということは、このレストランは宿泊もできるのかな?(できるそうです)

日本だと、日暮里にある「シャレー・スイス・ミニ」が有名ですね。スイス料理の名店です。

話がそれましたが、さっそく店内に…と思ったものの、さすがの人気店と言うことで満席です。そもそも我々のパーティーが7人もいるので、なかなか難しいかも?

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

と思ったら、なんとこちらのお店は正面にテラス席を持っていまして、そちらなら空いていて入れるとのこと。天気もいいので、むしろ好都合!とテラス席にしていただきました。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

とにかく心地よい!

 

スイスらしいかわいさ、ガツンとくる本格派

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

こちらのお店はなんともカトラリーやテーブルウェア類がかわいい。JUST SWISS! といいたくなるイメージ通りのスイスがここにあります。

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

メニューを見るとやはり中心はチーズフォンデュ。野菜のみ、肉のみ、両方セットが選べたので、ここは両方のセットを注文。当然ラクレットもありましたが、さすがに食べきれないだろう?ということで今回は泣く泣くパスです。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

なお、ランチではありますがせっかくここまで来たのだからというか、これは観光なので、がっつりスイス産の白ワインいかせていただきました!

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

あー緑に黄金の水が映える〜。というか、スイスワインを飲むのはこれが生涯2度目です。なかなか見ませんよね。

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

そうこうしているとサラダが到着。なかなかの量でしたが、サラダはあっというまに消えていきました。野菜がうまい。

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

お肉も到着。これがうまい。味が濃い。

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

野菜は実直にジャガイモのみ!というのはわりと驚きましたが、念願のチーズフォンデュがスタートです。

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

いやーうまい。なんといっても濃厚。そもそも日本で食べるそれよりも倍くらいお酒が入っている印象です。そしてチーズの濃さもものすごくて、この通り。これが本当のチーズフォンデュの味なのか…。塩気も絶妙で、なんてことのないジャガイモがどんどん消化されていきます。もちろんワインも。なんなのこの魔法。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

最高の天気、最高の景色、うまい料理、地元の酒。なんだこれ。天国か。

今回はツアーのほんの一部としての滞在でしたが、グリュイエール村、また来たくなりました。

さて、次はチョコレート・トレイン最後の訪問場所、グリュイエールチーズの工場です!

 

エアロプレイン雑感

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

チョコレート・トレインのツアーでは、グリュイエール村は自由時間となるため、何をしても良いのだそうです。ただ、ほとんどの場合は村を散策して、城を見学し、そしてチーズフォンデュを食べるのだとか。個人的にはこのゆっくりと時間の流れる村をもう少し長いこと味わいたかったなあとは思いました。小さい村だから1周するには十分ですが、もっとのんびりしたいかもですねえ。

なお、交通の便的にはそんなに悪くないそうです。

 

関連リンク

Tourism, travel, holiday – La Gruyère Tourism – Switzerland

Bienvenue au restaurant le Chalet de Gruyères – Gruyères Hotels

 

ユーレイルの旅の過去記事一覧


ユーレイルセレクトパスのプレスツアー!鉄道でヨーロッパをぐるりと巡ってきます


KLMのビジネスクラスを解説。サービスもアテンドも最高でまた乗りたい度100%!


あまりにも美しい、欧州最大級の湖レマン湖とモントルーの街



「チョコレート・トレイン」スイスを鉄道で味わい尽くす観光列車 | エアロプレイン


Nestlé Maison Caillerスイスの伝統あるチョコレート工場を味見する | エアロプレイン


スイスにあるチーズの聖地「グリュイエール村」を尋ねる

 

取材協力

今回の旅では、KLMオランダ航空によるチケットと、現地での交通費および宿泊費と飲食代の大部分をユーレイルGIEグループよりご提供いただいております。ありがとうございます。こんかいのチーズフォンデュも提供していただきました!

・ユーレイルグループGIE Eurail Group – Home
・スイス政府観光局、モントルー・ヴヴェイ観光局 スイス政府観光局公式ホームページ | スイス政府観光局
・ベルギーフランダース政府観光局、オランダ政府観光局 ようこそオランダとベルギー(フランダース・ブリュッセル)へ!


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。