Home / 旅行記事 / スイス / 中世そのまま!スイスにあるチーズの聖地「グリュイエール村」を尋ねる #ユーレイル

中世そのまま!スイスにあるチーズの聖地「グリュイエール村」を尋ねる #ユーレイル

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

ユーレイルの旅では、まずチョコレート・トレインという観光列車を楽しみました。100年以上前の列車に乗り、スイスでも最高のチョコレート工場を訪ね、次に来たのはチーズの聖地「グリュイエール村」です。

ちなみにひとつ前の記事はこちら。


Nestlé Maison Caillerスイスの伝統あるチョコレート工場を味見する



スポンサードリンク

チョコレート・トレインを離れ、バスで向かったグリュイエール村

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

このグリュイエール村に行くにはバスのほうが早い、ということで、メゾン・カイエの工場からはバスでグリュイエール村に向かいます。舗装された道を揺られること約20分。意外なほどに早く、現地に到着しました。

 

ところで…ここで余談ですが、チョコレート・トレインのスケジュールがなかなか興味深いことに気がつきました。

グリュイエール村 15:32発
グリュイエール駅 16:39発

後者は鉄道の時刻なので、1分単位でもわかります。しかし前者は現地からの専用バスの出発時間。しかも各々、目的地への到着時刻も1分単位で計画されています。なぜこんなに細かいの?

その答えは、スイス人の気質にあるようです。さすが時計の聖地でもあるスイスは、大変に時間に正確なのだとか。確かに列車の現地到着時刻も、寸分違わぬぴったりさでした。日本みたい。

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

さて、そうこうして到着したグリュイエール村からの景色がこちらです。雄大な山々、そして大草原。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

そこにある丘に、グリュイエール村と、シンボルであるグリュイエール城があります。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

さて、ツアーはここで一旦自由時間に。城を探検しても良し、ランチを好きにとっても良し、買い物や散策しても良しということで、ユーレイルツアーの一行はまず村の探索に出かけました。

 

そういえばグリュイエールって?

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

そもそもグリュイエールとはチーズの名前。その名前の由来となったのがこの村の名前。つまり、グリュイエールチーズの生まれ故郷がこの地なのです。用途としてはチーズフォンデュ、ラクレット、クロックムッシュ、キッシュなどにつかわれるなど、大変濃厚な味わいが特徴です。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

このスイスを代表するチーズの村ですから、それはそれは、村中のショップや飲食店はチーズ一食、いや一色。そこらじゅうからチーズを食べる香りが漂ってきて、この村に来てチーズを食べないで帰るという選択肢は無さそうなくらい、チーズ漬けの村になっています。

ちなみにグリュイエールチーズの工場は村から少し離れたところにありますので、後ほど改めてご紹介しますね。

 

なぜ山の中腹にこんな雰囲気の良い村が?

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

さて、グリュイエールです。この村はチーズの故郷ということで大変に人気のある観光地ですが、なにより村の雰囲気がバツグンです。なぜこんな山の上に、石造りの立派な村が現存しているのでしょう?

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

その秘密はグリュイエール城にありました。このお城は、中世より栄えたグリュイエール伯爵の居城で、スイスでも最も古く伝統ある城になるのだそう。今回は内部の見学はパスしましたが、中では城と村の歴史を学ぶことができるようです。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

そんな歴史ある城の城下町として栄えたグリュイエール村は、戦火に遭わなかったこともあって、中世のままの街並みを維持しているわけですね。はっきりいって、タイムスリップしたような感覚を受けます。なんとも不思議な村です。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

 

グリュイエール村フォトセッション

ということで、あとは村の様子を写真でご案内。大変に美しいですねえ。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

街そのものは30分もあればまわれてしまいますが、とにかく美しいのでゆっくりと見学したいところです。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

村中を彩る花が大変美しい。自主的に飾っているんですかねえ。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

村一番のレストラン。昼食はこちらでとりました。

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

城壁を抜けると村の外へ。

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

羊が昼寝をしていました。

 

エアロプレイン雑感

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

滞在時間はそこまで長くありませんでしたが、ヨーロッパに来たな〜!と強く感じる瞬間でした。

何時間でもいたい。そんな街ですね。

 

さて、次の記事では、先のとおりグリュイエール村村一番の人気レストラン「LE CHALET」で食べたチーズフォンデュを紹介します。

→次の記事

グリュイエール村いちのチーズフォンデュ Le Chalet

 

関連リンク

Tourism, travel, holiday – La Gruyère Tourism – Switzerland

 

ユーレイルの旅の過去記事一覧


ユーレイルセレクトパスのプレスツアー!鉄道でヨーロッパをぐるりと巡ってきます


KLMのビジネスクラスを解説。サービスもアテンドも最高でまた乗りたい度100%!


あまりにも美しい、欧州最大級の湖レマン湖とモントルーの街



「チョコレート・トレイン」スイスを鉄道で味わい尽くす観光列車 | エアロプレイン


Nestlé Maison Caillerスイスの伝統あるチョコレート工場を味見する | エアロプレイン

取材協力

今回の旅では、KLMオランダ航空によるチケットと、現地での交通費および宿泊費と飲食代の大部分をユーレイルGIEグループよりご提供いただいております。ありがとうございます。

・ユーレイルグループGIE Eurail Group – Home
・スイス政府観光局、モントルー・ヴヴェイ観光局 スイス政府観光局公式ホームページ | スイス政府観光局
・ベルギーフランダース政府観光局、オランダ政府観光局 ようこそオランダとベルギー(フランダース・ブリュッセル)へ!


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。