Home / 旅行記事 / スイス / Nestlé Maison Cailler(メゾンカイエ)スイスの伝統あるチョコレート工場を味見する #ユーレイル

Nestlé Maison Cailler(メゾンカイエ)スイスの伝統あるチョコレート工場を味見する #ユーレイル

Chocolate Train Swiss Montreux

ユーレイルによるヨーロッパの旅。ユーレイルのセレクトパスを使うと、指定の国では電車に乗り放題か、特別な列車なら割引が受けられます。ということで乗った「チョコレート・トレイン」は、最初の目的地であるNestlé Maison Cailler(メゾンカイエ)に到着。こちら、ネスレの子会社で、スイスにて最も古く伝統あるチョコレート工場になっています。

ひとつ前の記事はこちら。

「チョコレート・トレイン」スイスを鉄道で味わい尽くす観光列車 | エアロプレイン



スポンサードリンク

かの「チャーリーとチョコレート工場」のような世界最強のチョコレート工場

Chocolate Train Swiss Montreux

さて、チョコレート工場といえば、イメージするのはかのティム・バートンの名作「チャーリーとチョコレート工場」ですが、まさにメゾン・カイエはあんな感じの工場見学を実現しております。

というのも、工場の中はチョコレートの歴史とカイエの歴史を学べるアトラクションになっているのです。これは知らなかったので、到着してからビックリ。てっきりチョコレートの製造工程を横から眺めるだけだと思っていました。

Chocolate Train Swiss Montreux

ただ、残念ながら日本語の音声案内は無いので、多少は英語がわかったほうが楽しめそう。とはいえ、アトラクションもなかなか楽しいので、お子さまなんかはドキドキしちゃうかも?

 

こんなアトラクション

当然というか、工場内には入った瞬間から濃厚なチョコレートの香りがただよいます。これだけでも結構テンションがあがりますね。

まず最初はカイエの商品を軽くおさらい。

Chocolate Train Swiss Montreux

歴代のパッケージなどが並びます。

そもそもカイエとは、人の名前。創始者François-Louis Caillerは、1919年にチョコレート会社を購入して、この事業がスタート。その後、孫に当たるAlexandre-Louis Caillerが、このBrocの地に工場を建て、今に至ります。

さて、なぜ工場がスイスに建ったのか?それはスイスには良質なミルクがあったから。カイエは、ミルクチョコレートを作るための工場だったわけですねえ。

 

さて、アトラクションのほうは一気に本格化。ホーンテッドマンションを彷彿とさせるエレベーターを降り地下の世界へ。

Chocolate Train Swiss Montreux

こちらはチョコレートの歴史コーナー。そもそもアメリカ大陸では、原住民がカカオを栽培し、嗜好品として好まれていたのだとか。

Chocolate Train Swiss Montreux

それをヨーロッパに持ち帰ったのが、かのコロンブス。そのカカオは飲み物としてスペインの王族から庶民へと伝わっていったそうですが、そこで行われたのが大幅な味の変化。原住民が大量の唐辛子を入れて飲んでいたところを、唐辛子ではなく砂糖やシナモンへと変えていったのだそう。

Chocolate Train Swiss Montreux

とはいえ、カカオは大変に貴重なものだったため、基本は王侯貴族の飲み物。贅沢品として扱われていたのだとか。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

このあたりの説明が良くわからなかったのですが、どうやらヨーロッパの戦乱期にチョコレートは一般へと普及していった模様。Wikipediaによれば

19世紀初頭のシモン・ボリバルによる南米の動乱からカカオ生産が落ち込み、続くナポレオン戦争の影響で贅沢品に対する購買力が落ちた上に、大陸封鎖で品薄となった代わりに紛い物が出回り、品質に対する信用も低下し、チョコレートは停滞の時期を迎えた。しかし、チョコレートの技術革新が起きたのは、この低迷期だった
チョコレートの歴史 – Wikipedia

とのこと。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

この時活躍したのが、バンホーテンの創始者だったり、リンツさんだったり、そしてネスレさんだったそうです。今でも有名なチョコレートメーカーは、この時代からの活躍だったわけですね。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

当時の工場が再現されていました。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

歴史コーナーを抜けると、原料コーナーです。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

カカオ豆やナッツがこれでもか、と展示されています。試食も可能。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

カカオバター!?

 

Chocolate Train Swiss Montreux

そうして最後に到達するのがこちら、工場の最後の部分であるパッケージセンターです。そう、実は工場の内部はそこまでたくさん見られる訳では無いんですね。

Chocolate Train Swiss Montreux

個人的にはこの雰囲気が胸熱。

 

機械がガンガン選別する姿はかなり注目を集めていました。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

流れてきたカイエのチョコレートは食べ放題。そう、ここからスーパー試食ゾーンがはじまります。

 

最高級ブランド「カイエ」が食べ放題

カイエといえば、ネスレの中でも最高級のチョコレート。そのチョコレートがいくらでも食べられるという、凄いゾーンがはじまります。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

Chocolate Train Swiss Montreux

Chocolate Train Swiss Montreux

Chocolate Train Swiss Montreux

原料とともにチョコレートの見本が飾ってあり、その手前に無数のサンプルが置かれています。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

Chocolate Train Swiss Montreux

Chocolate Train Swiss Montreux

同じブランドでもずいぶん味の幅があるんだなと感心しました。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

個人的にはシンプルなミルクチョコレートが好きかな。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

記念写真を撮れるゾーンでは、なんとその場でメールアドレス宛に送ってくれるサービスが。すごい。

 

見学が終わるともちろんお土産ゾーンです。

Chocolate Train Swiss Montreux

Chocolate Train Swiss Montreux

他、パーソナルチョコレートを作ってくれる場所もありましたが、今回は時間の都合でパス。もしお時間さえあれば、立ち寄られると良いのかな、と思います。

 

エアロプレイン雑感

Chocolate Train Swiss Montreux

なんともスケールの大きな工場で、最後の試食の嵐は圧巻でした。

 

Chocolate Train Swiss Montreux

おまけですが、工場の外には猫がいますので、運が良ければ遊べるかも?

 

Chocolate Train Swiss Montreux Gruyère

さあ、工場をあとにすると、次はグリュイエール村へ向かいます。チョコレート・トレインのツアーですが、ここはバス移動に(笑

続きはまた後ほど!

 

関連リンク

Cailler – Pur chocolat, pure emotion

 

なお、現地での活動はハッシュタグ #ユーレイル にてシェアして参りますので、ぜひご覧下さい。


またLinkトラベラーズでも平行してレポートしていく予定です!

 

ユーレイルの旅の過去記事一覧


ユーレイルセレクトパスのプレスツアー!鉄道でヨーロッパをぐるりと巡ってきます


KLMのビジネスクラスを解説。サービスもアテンドも最高でまた乗りたい度100%!


あまりにも美しい、欧州最大級の湖レマン湖とモントルーの街



「チョコレート・トレイン」スイスを鉄道で味わい尽くす観光列車 | エアロプレイン

 

取材協力

今回の旅では、KLMオランダ航空によるチケットと、現地での交通費および宿泊費と飲食代の大部分をユーレイルGIEグループよりご提供いただいております。ありがとうございます。

・ユーレイルグループGIE Eurail Group – Home
・スイス政府観光局、モントルー・ヴヴェイ観光局 スイス政府観光局公式ホームページ | スイス政府観光局
・ベルギーフランダース政府観光局、オランダ政府観光局 ようこそオランダとベルギー(フランダース・ブリュッセル)へ!


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。