Home / 育児 / 【育児】子供が39度の発熱でミルクも飲めないがキユーピーのベビーフード(ジュレ)は食べた

【育児】子供が39度の発熱でミルクも飲めないがキユーピーのベビーフード(ジュレ)は食べた

image

生後7カ月を過ぎた我が家の息子「のりたまちゃん」ですが、今週末、初めての高熱を出してダウンしてしまいました。いままで軽い風邪で寝込んだことはあったのですが、39度レベルの熱で、喉の痛みからかミルクも受け付けない!というのは初でした。



スポンサードリンク

「ゼリーなら食べるかも」という狙い

今回の発熱で困ったのは、のどごしの悪いものを受け付けなくなってしまったからなんですよね。なぜか液体であるミルクや水、乳児用スポーツドリンク系も嫌われてしまい、このままでは脱水症状待ったなし…ということで、大変にまいりました。

そこで市の育児相談に電話すると、ゼリーみたいな触感で少し甘い物なら食べるかも、とのことだったので、薬局にそういった食べ物を探しに行くこととなりました。

今回行ったのは、サンドラッグ大宮上小町店と、ウェルシア薬局さいたま与野店。どちらもベビーコーナーはあったのですが、結論からいうとウェルシア薬局のほうが品数が豊富で、とても助かりました。次からはベビー用品買うならウェルシア薬局行くと思います。

で、そのウェルシア薬局で見つけたのが、キユーピーの「はじめてデザート」シリーズです(注:同フードのコーナー自体はどちらにもありました)。

キユーピー C-76 ももとりんごのジュレ 70g×12個
B00TY378CM

ジュレってことはいわゆるゼリーです。原料も与えたことのあるものばかりだし、これなら食べてくれるかも!ということで、同シリーズの別のジュレ系といっしょに買って帰りました。

 

発熱下でも、この離乳食は食べてくれた

帰宅後、おなかが減って、のどがかわいて、何より熱が辛くて泣き叫ぶこどもに与えてみると…これがね、いままで他のものを受け付けなかったのが嘘のように、ばくばく食べます。ジュレののどごしが良かったのか、味がこのみだったのかはわかりませんが、とにかく我が家にとっては救世主のような形になりました。

その後、食べたことで落ち着いたのか、しばらくしてミルクも飲み、水も飲みまして、ひと安心な状況となりました。

 

エアロプレイン雑感

離乳食って妻が作ってるからそれで大丈夫、と思ってたんですが、いつものものを食べない!という不測の事態にそなえてこういったジュレ系の離乳食を買っておくのも悪くはないですね。また、このキユーピーのやつは未開封なら常温保存できるし、なによりおかゆや野菜などバリエーションも豊富で、十分に非常食としても使えそう。ガラス瓶なところが若干使いづらいですが、我が家は今後いくつかストックしておく方針でいくこととなりました。とにかく、今回は助かった…。

 

キユーピー C-76 ももとりんごのジュレ 70g×12個
B00TY378CM

ももとりんごのジュレ | 商品情報 | キユーピー ベビーフード・幼児食

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。