Home / 旅行記事 / イギリス/英国 / ロンドンのバーリントンアーケードと専任警備員「ビードル」に見る歴史と格式 #cx2britain

ロンドンのバーリントンアーケードと専任警備員「ビードル」に見る歴史と格式 #cx2britain

London City

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で最後の目的地ロンドンを巡ります。まずはイギリスの歴史と格式を色濃く感じる商店街「バーリントンアーケード」で驚きの発見を。



スポンサードリンク

バーリントンアーケードとは

London City

世界最古のアーケードと言われるバーリントンアーケードは、1819年にオープンした高級品を扱う商店街。キャベンディッシュ卿に作られただけあって、王室御用達のブランドが並び、床にはレッドカーペット。外壁は英国の重要文化財に認定されるなど、まさに英国の伝統と格式を肌で感じることのできる場所になっています。

場所はこちら。ピカデリー地区です。

London City

もちろん当時は貴族や王族が主な利用者。そのため、口笛を吹いてはダメ、買い物したものを地上から運んではダメ(地下からそっと運ぶ)、早足でさえダメなど、独自のルールが決められておりました。今でも口笛など迷惑行為をするのはNGなんだとか。

London City

そんなアーケード最大の特徴といえば、施設警備員である「ビードル」の存在でしょう。

 

伝統を「着て」アーケードを守る「ビードル」

London City

こちら、ビードルのリーダー。見学ツアー参加者に対して、バーリントンアーケードを案内してくれる役割も持っているようです。

まず驚かされたのが、その制服。全て王室御用達ブランドで容易されており、外套に至っては夏冬合わせて200万円超のセット。それもそのはず、伝説的テーラー「ヘンリープール」のフルオーダーなのです。ヘンリープールについては次の記事でご紹介しますね。

London City

重厚感ある制服。肌触りは極上もいいところ、でした。

London City

こちら夏服。かっこいい。

London City

このように、彼らは伝統を着て、格式あるアーケードを守っているのです。

 

歩くだけで貴族の気持ち!?

人生のうち、レッドカーペットを歩く機会が何度あるでしょうか。もちろんこのアーケードに来ればいつでも歩けるのですが、なんとなく自分が貴族になったような?気持ちになってしまいます。

左右を埋めるお店も、伝統あるお店ばかり。王室御用達ブランドも多く、認定マークをこんなにカジュアルに見かけるのも驚きです。

 

London City

今回立ち寄らせていただいたN-Peal。

London City

007のボンドにセーターを提供したことでも有名。恐ろしいほどに滑らかな肌触りのカシミア製品群には、一瞬でこころがグラつくほど。ふんわり、の上のふんわりです。

 

London City
世界最大のロレックスアンティークショップ。もはや博物館クラスのロレックスが飾られています。

 

London City

そしてペンハリガン。別記事でもご案内しましたが、カウンセリングで香水を選んでくれる体験は、無料なんです。

 

London City

執事御用達の時計ショップ、David Duggan。

London City

ビードルの靴はこちらも名店「チャーチ」。

どの店にも、最近のハイブランドのような派手さはありません。そこにあるのは、真面目に質だけを追求してきた歴史。そして、決して妥協しない格式。聞けばいくらでも出てくる逸話の数々は、バーリントンアーケードならではだと感じました。

 

エアロプレイン雑感

歩くだけでもたいへんに気分がもりあがるバーリントンアーケード。もちろんイチオシのお店はペンハリガン本店ということで、ぜひロンドンのピカデリー地区へおこしの際には寄ってみることをオススメします!!!

 

関連リンク

バーリントンアーケードの公式サイトです。

Burlington Arcade – Burlington Arcade
http://www.burlington-arcade.co.uk/

 

この旅行について

この旅行は、英国政府観光庁と、キャセイパシフィック航空さんのブログレポーター企画に参加しており、個人的な買い物以外の全てを提供いただいております。
羽田〜香港〜英国を旅する7日間を随時レポートしていきます。

英国旅行の記事一覧はこちら
英国旅行記事一覧

詳しくはこちら。
キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。