Home / 製品/サービスレビュー / カメラ / タムロン / (作例)EOS 7D mark II + Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) でサッカーを撮影!吸い付くぞ…

(作例)EOS 7D mark II + Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) でサッカーを撮影!吸い付くぞ…

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

タムロンさんからお借りしているSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)と、キヤノンさんからお借りしているEOS 7D mark II を組みあわせまして、草サッカーを撮ってきました。APS-Cなので最長960mmという仕様です!



スポンサードリンク

撮影環境

場所は埼玉スタジアムの第4グラウンド。天気は晴れ。手持ちにて撮影を行いました。撮影場所はいわゆるベンチの辺りです。

 

作例はこちら

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

人が重なる難しいシチュエーションだったのですが、ばっちりとAFが奧の人物だけ追いかけてくれました。

 

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

ロングキックの力強い動きを連射でゲット。

 

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

ボールがいままさに蹴られんとする瞬間も、連射ならばっちり。

 

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

ピントが吸い付くので、遠くを歩いている人もまったく問題なし。

 

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

けっこうクロップしていますが、初代7Dと比べると、解像度あがったな〜と感心しちゃいますね。

 

20150215 埼玉スタジアム2002 FCBD

1J3A6749.jpg

1J3A6785.jpg

今回はプライベートな草サッカーだったので、人物の顔がわかる写真は全てクロップしています。でも、そんなに違和感ないですよねえ。解像度の向上ってすごいなと思うし、タムロンレンズの質も高いなあって思いました。

 

エアロプレイン雑感

7D2の吸い付きと画質、連写具合は前評判通り。それにも増して、手持ちで600mm(960mm)がんばれるタムロンレンズは素晴らしいなと。

なお、7D2はキヤノンのフォトサークル向けモニタープログラムで3週間のレンタル、タムロンさんのレンズはメーカーより直接お借りしました。ありがとうございました。

 

関連リンク

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2
B00NM0X2OG

TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A011E
B00HA072DG

素晴らしい組み合わせですね…!

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。