Home / 旅行記事 / イギリス/英国 / イギリス最古の現役。1539年から続くチェスター競馬場と併設レストランで優雅なランチ! #cx2britain

イギリス最古の現役。1539年から続くチェスター競馬場と併設レストランで優雅なランチ! #cx2britain

City of Chester #cx2britain

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で2番目に訪れた街、古都チェスター。中世の雰囲気が色濃く残るこの街には、英国最古の現役競馬場が現存しています。



スポンサードリンク

大事な社交の場である競馬場

日本で競馬というとどうしてもギャンブルが…というイメージばかりが先行していますが、ここ英国では、立派なスポーツでもあり、社交の場としてリスペクトを受けています。

世界最古の現存競馬場であるチェスター競馬場

 City of Chester #cx2britain

さて、こちらチェスター競馬場は、現存する最古の現役競馬場となっております。Wikipediaによれば

1540年、世界初の競馬場としてチェスター競馬場が建設され、近代競馬(正式のルールと専用の施設(競馬場)に基づく競馬)が行われるようになった
イギリスの競馬 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/チェスター競馬場

(注:公式サイトには1539年がはじまりと書いてありますので、Wikipediaは誤りかも?)

とのこと。日本で1539年といえば、いわゆる戦国時代まっただ中。その頃に、競馬場が整備されていたとは驚きです。上記Wikipediaには

年間の観客動員数は600万人。観客動員数で見た場合、イギリス国内ではサッカー(900万人)に次ぐ人気を持つスポーツである

とも記載されており、イギリスにおいて競馬がいかに重要なスポーツであるかがうかがえます。そんな競馬場は、貴族の社交場としても有名で、それがゆえに、その存在そのものが尊重されている雰囲気も受けます。

City of Chester #cx2britain

大変に美しいチェスター競馬場。まわりに高い建物がないこともあり、見た目以上に広く感じられます。

 City of Chester #cx2britain

かの「ダービー」の前哨戦が行われる事でも知られていて、イギリス北部では最も人気のある競馬場なんだそうです。

 

競馬場を臨む「Restaurant 1539 」

City of Chester #cx2britain

さて、そんなチェスター競馬場には、社交場だった当時よろしく、競馬場を一望できるレストランが併設されています。それがこちら、「Restaurant 1539 」です。

 City of Chester #cx2britain

「1539」ってのは、もちろん競馬場がオープンした年にあやかって。

 City of Chester #cx2britain

この素晴らしい眺望。ワインを飲みながら、優雅に競馬を見たりしたら、リッチでラグジュアリーですよね。残念ながらこの日の競馬場はお休みでした。

お休みだったんですが、ターフをランニングする人や、犬の散歩をする人が。どうやら休日は自由に中に入れるようです。このあたりは日本の競馬場でも同じようなところがありますね(浦和競馬場などで、昔サッカーをしたものです)。

 

 City of Chester #cx2britain

今日もいい天気です。

 City of Chester #cx2britain

建物の2階にはちゃんとしたバー・ラウンジも併設。競馬観戦後の語らいはこちら、だったのでしょう。

 City of Chester #cx2britain

 City of Chester #cx2britain

店内は格式高くおしゃれ。貴族の社交場、という名残でしょうねえ。

 City of Chester #cx2britain

本日はランチのセットをいただきます。

 City of Chester #cx2britain

 City of Chester #cx2britain

店員さんがシャンパンをついでくれました。昼からこの雰囲気とホスピタリティはたまらんね…。

 

料理はどれも美しい感じ。

 City of Chester #cx2britain

ポークです。イギリスでは珍しい気がしました。

 

 City of Chester #cx2britain

こちら、チーズのステーキ!濃厚で赤ワインが進みすぎます。

 

 City of Chester #cx2britain

パスタもあり。

 

 City of Chester #cx2britain

サーモンもあり。イギリスではスコティッシュサーモンを漬け込んで生で食べることも多いのだとか。これがまたおいしい。

 

 City of Chester #cx2britain

ビーフステーキ。ボリューム満点です。

 City of Chester #cx2britain

こちらもポーク。

 

どれも大変おいしい料理で、競馬の有無にもかかわらず訪れたい感じでした。チェスター中心部から少し歩きますが、城壁にそってくれば到着しますので、天気が良い日などには強力にプッシュしたいレストランですね。

 

エアロプレイン雑感

 City of Chester #cx2britain

 とにかく芝の美しい競馬場で、イギリスのすかっとした青空と、美しい緑のコントラストが素晴らしい景色を作っていました。チェスターが建築として古都なのはわかっていましたが、まさかこうしたアミューズメントパークまでもが古いとは。

イギリスの歴史の積み重ねを感じるチェスター。深そうです。

次の記事ではチェスターの美しい街並みを大興奮でお伝えします

僕的イギリスイメージ100%!古都チェスターで歴史的建築に囲まれよう! #cx2britain | エアロプレイン
http://airoplane.net/2015/02/17/chester-great.html

 

関連リンク

チェスター競馬場とレストラン1539の公式サイト。

Chester Racecourse | Horse Racing, Race Day Restaurants
http://www.chester-races.co.uk/

1539 – Bar, Restaurant, Roof Lounge (Chester, Cheshire UK)
http://www.restaurant1539.co.uk/

 

この旅行について

この旅行は、英国政府観光庁と、キャセイパシフィック航空さんのブログレポーター企画に参加しており、個人的な買い物以外の全てを提供いただいております。
羽田〜香港〜英国を旅する7日間を随時レポートしていきます。

詳しくはこちら。
キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。