Home / 旅行記事 / イギリス/英国 / 「The London Carriage Works」ホープストリートホテルの名声を高めた、パーフェクトなレストラン。もちろん朝食もここで。 #cx2britain

「The London Carriage Works」ホープストリートホテルの名声を高めた、パーフェクトなレストラン。もちろん朝食もここで。 #cx2britain

#cx2britain

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で最初に宿泊した宿、ホープストリートホテル。

こちらの特徴は前エントリの通りですが、その名声をさらに高めたと言われているのが、併設されたこのレストラン「The London Carriage Works」なのです。ちなみにThe London Carriage Worksとは、ホテルの由来の通り「ロンドンの馬車業者」を差します。



スポンサードリンク

まずは朝食。味も良ければサービスもいい!

まず最初に朝食をご紹介。こちら、ホテルの朝食としてレストランが使われます。

#cx2britain

朝食はビュッフェスタイルですが、ドリンクはオーダー方式です(ジュース類はセルフ)。

#cx2britain

おいしそうなクロワッサン(じっさいにおいしい)。

IMG_3550

イングリッシュ・ブレックファーストには欠かせないトーストと目玉焼き。

 

IMG_3551

IMG_3553

IMG_3556

野菜が無いように見えますが、海外のホテルで朝食に野菜が出ることは希なので、標準的です。

 

IMG_3561

こちらがスタンダードな盛りつけ。トマトが焼いてあるのはイギリス風みたいですね。

 

#cx2britain

手前がカフェゾーンで、奧がレストランゾーン。どちらで食べてもOK。

 

#cx2britain

レストラン側は本格的な雰囲気。

 

そういえば店内では花が多く見られました。

#cx2britain

イギリスの春は水仙で知るのだそう。

 

#cx2britain

#cx2britain

花がある食卓っていいよね。

ということで、朝食としてとてもおいしいし、雰囲気もリッチ。いいホテルじゃないですか!

 

ディナータイムは「The London Carriage Works」の真の実力が

当然の話ですが、「The London Carriage Works」の真の実力が解放されるのはディナーです。はっきり言って、かなりうまい。リバプールFCの選手もたびたび来るというのがうなずける味です。

#cx2britain

まず驚いたのが、前菜(Startar)としてジビエの提供があるところ。こちら、ROASTED LOIN OF HIGHLAND VENISONということで、鹿肉です。大変においしい。前菜でこんなにワインが進んで良いのか、というくらいにおいしい。

 

#cx2britain

昼を食べ過ぎたため、サラダはシェアで…と思って頼んだんですが、あまりにおいしくて、自分で半分以上食べました。KIDDERTON ASH GOATS CHEESE AND BEETROOT SALAD。もしかして、イギリスって野菜がおいしい!?

余談ですけど、他にも夕飯は…という同行者がいたのですが、このサラダを食べた途端に目覚めて、結局がっつりディナーを食べていました。不思議なサラダ…。

 

極めつけはこちら。

#cx2britain

ラム肉の骨のまわり!RACK OF BLACKFACED SUFFOLK LAMB AND LOBSCOUSE HOTPOTです。やっぱりさー、お肉は骨のまわりがおいしいよね。上品に食べるのは骨と骨を切り離す所まで、あとは手で持ってかぶりつくのがオススメです。うまあい!

 

#cx2britain

おかしいな、おなかが減ってないって誰か言ってなかったか!?と思いつつデザートまで。Caramelised Cheshire pear tart with walnuts and Frangelico clotted cream。梨のタルトですね。さっぱりしていて美味でした。

なんというか…レベル高いな!

 

メニューに注目したい

大変においしいこちらのお店ですが、メニューにも特徴が。

メニューをテキストで引用すると、以下のような感じ。

RACK OF BLACKFACED SUFFOLK LAMB AND LOBSCOUSE HOTPOT with red cabbage and local sea herbs
Poco a Poco, Tempranillo, Spain, 2013 (125ml)

2014-15 冬のメニュー(PDF)
http://www.thelondoncarriageworks.co.uk/…pdf

わかりますか?こちら、メインのオーダーにはオススメワインの種類がついているんですよね。これってほんとうに頼みやすい。特に初めて行くことがほとんどであろう、海外のお店でこうなっているのは大変にたすかります。いい店だなあ。

 

エアロプレイン雑感

朝食も、ディナーも、そんなに食べないつもりがガッツリ食べてしまいました。ホテル併設のレストランだから…なんてなめてかかったらとんでもない。リバプールいちモダンなホテルは、こちらもリバプールで上位を争う実力派レストランをそなえていたのでした。

試合と練習の無い平日に行けば、もしかすると選手がいるかも!?というお楽しみもあるみたい。ホープストリートホテルに泊まり、The London Carriage Worksで食べる。リバプールに来たら定番の滞在方法になるかもしれませんねえ。

 

関連リンク

レストランと一体になっているホテルの記事はこちら。

ホープストリートホテルはリバプールいちのモダンラグジュアリー。でもそれだけじゃないぞ。 #cx2britain | エアロプレイン
http://airoplane.net/2015/02/06/hopestreethotel.html

 

レストランのWebサイトはこちら。

Liverpool Restaurant | The London Carriage Works Restaurant, Liverpool
http://www.thelondoncarriageworks.co.uk/

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。