Home / 旅行記事 / イギリス/英国 / ジョンとポール出会いの教会、日夜演奏したカバーンクラブ。リバプール街歩きその3 #cx2britain

ジョンとポール出会いの教会、日夜演奏したカバーンクラブ。リバプール街歩きその3 #cx2britain

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で最初に滞在した街、リバプール。せっかくリバプールなので!ということもあり、ビートルズゆかりの地を、現地の有名日本人ガイド阿部卓二さんにご紹介いただいております。

ホープストリート、ペニーレイン、そして育った家やストロベリーフィールズときた街歩きも3記事目の今回は、ビートルズというバンドにとって大きな意味を持つ教会と、バンドが良く演奏を行ったライブハウスやその周辺をご紹介します。



スポンサードリンク

出会いの地「セント・ピーターズ教会」

#cx2britain

セント・ピーターズ教会は、ビートルズのジョンとポールが出会い、前身である「ザ・クオリーメン」にポールが加入するきっかけとなった重要な場所です。他にはジョージも所属しており、ほぼビートルズの原型と呼んでも間違いでは無さそう。

場所はこちら。

Wikipediaによりますと、こちらでの逸話は以下の通り。

1957年7月6日、ウールトンのセントピーターズ教会の野外バザー会場で行ったコンサートで、共通の友人アイヴァン・ヴォーンの紹介によりポール・マッカートニーと出会う。数日後ポールはクオリーメンのメンバーになることを決め、10月にクオリーメンとしての初のステージを踏む。

クオリーメン – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/クオリーメン

余談ですが、帰国して調べたところによると、このクオリーメンは1997年に復活し、当時とはメンバーを変えて今でも活動しているのだとか。

 

ちなみに教会の道向こうには、彼らが演奏した立派なホールもありました。

#cx2britain

ビートルズの歴史も描かれております。

#cx2britain

ジョンとポールの存在感、すごいなあ。

なお、こちらの教会にはかの名曲「エリナー・リグビー」のお墓もあります。やはりビートルズにとって重要な場所ですね。阿部さん曰く、日本人のビートルズ好きも何組か結婚式を行っているそうです。

 

彼らが何度も演奏を行った「キャバーンクラブ(Cavern Club)」

#cx2britain

さて、場所は変わってリバプールの中心部にあるこちらが「キャバーン」というクラブ。

場所はこちら。

 

クラブとはいいますが、わかりやすくいうとライブハウスですね。ここは、ビートルズが売れるようになるまでの間、200回以上も昼夜を問わず演奏を行ったのだとか。

ビートルズのキャバーン・クラブへの正確な出演回数は判っていない。しかし1961年2月9日から1963年8月3日までの期間に、少なくともランチタイムショーで155回、イブニングショーで125回の演奏を行っている。
ライヴ演奏:キャバーン・クラブ (初夜) /リヴァプール [ビートルズ詳解]
http://gejirin.com/beatles/history/1961/19610321_live_cavern_first_evening.html

ビートルズにそんな下積み時代があったとは知らなかったので、これにはビックリ。

#cx2britain

現在のキャバーンは元々あった位置から少し移動しているそうですが、入るまでに地下3階まで階段を下ったり、中が洞窟風(元々は倉庫だとか)になっていたりと雰囲気バツグン。この日もバンドと聴衆でごったがえしていました。

#cx2britain

歩くのもつらいほどの、人、人!

 

キャバーンのあるマシュー・ストリートは繁華街

#cx2britain

キャバーンのあるマシュー・ストリートはいまでも活気に溢れていて、繁華街!といったイメージ。

#cx2britain

路上で演奏を続ける若者と、その背後には

#cx2britain

有名な演奏家の名前が刻まれていました。

 

演奏後に良く飲みに行っていたというパブも当時そのまま(!)で現存し、立派に営業中。地元で愛されているようでした。

#cx2britain

緑のThe Famous Grapes。

 

#cx2britain

黄色のWHITE STAR。

 

#cx2britain

街は今風で、とてもおしゃれでした。いまではビートルズを意識しない観光客も増えているのかな。

 

エアロプレイン雑感

3回に分けて、街中の至る所に残るビートルズの足跡を追いながら街歩きを行ってきました。

丸1日で回れる範囲ではありましたが、ビートルズが地域の仲間たちの偶然な集まりから生まれ、そして地域の、自分たちの身近な人のことを歌い、そしてそれが認められ、受け入れられて全世界に出た、ということがよくわかりました。ビートルズは、英国が誇るバンドであると同時に、リバプールの地域が誇る、本当にローカルなグループだったんですね…。

ということで、これでビートルズの足跡を辿るツアーは終わり…なのですが、もう1箇所だけ、阿部卓二さん猛プッシュの施設「ビートルズ・ストリート」というミュージアムがありますので、次回におとどけします。

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。