ジョンとポール思い出の家、そしてストロベリーフィールズは永遠に。リバプール街歩きその2 #cx2britain

2016/01/03イギリス/英国ご招待

Translate:


#cx2britain

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で最初に滞在した街、リバプール。有名な公式ビートルズガイド、阿部卓二さんの案内で街歩きを敢行しました。

前の記事では、ホープストリートからペニーレインまでを訪れました

今回はペニーレインを後にして、あの家や教会、ストロベリーフィールズに訪問します。



スポンサードリンク

ジョンが育った家「メンディップス」

#cx2britain
まず訪れたのは、ペニーレインからもほど近いジョン・レノンが育った家「メンディップス」です。

場所はここ。

こちらには、ジョンとその母親が暮らしていました。残念ながら、その母親は家の目の前の交差点で車にはねられ亡くなることに。なんとも悲しいお話です。その通りには桜が沢山植えられていて、ジョンと日本のつながりを感じました。

#cx2britain

おうちですが、今はナショナルトラストが管理することで、その状態が保たれています。

 

#cx2britain

実はこちら、左半分がジョンの家。じゃあ右半分は?といえば、なんと普通の方が暮らしています。2つの家を半分ずつ使うのが、当時のイギリスでよく見られたスタイルなんだそうです。

 

ポールが暮らした「20フォースリン・ロード」

#cx2britain

お次はこちら、ポール・マッカートニーが7番目の家として暮らした、「20フォースリン・ロード」。なぜそんなに引っ越しを繰り返したのかといえば、母親が助産婦で、仕事のための引っ越しを頻繁に行っていたからなんだとか。ジョンとよくリハーサルをしていたそうです。こちらもナショナルトラストが管理。煙突にアンテナがないので、すぐにわかります。

場所はこちら。

 

ストロベリーフィールズは永遠に

#cx2britain

遂に来ました、ストロベリーフィールド。僕がビートルズの歌ではいちばん好きなのが、まさにこちらの施設を歌った「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」です。

ジョン、ポールどちらの家からも近いですね。

当時は孤児院で、ミュージシャンの慰問が良く行われており、特にジョンが良く遊びに来ていたんだとか。いまは閉鎖され、門が観光名所となっています。

#cx2britain

ファンの落書きでいっぱいな赤い門を見ると、なんとも感慨深いものがありました。

 

エアロプレイン雑感

#cx2britain
住んでいた家がしっかりと管理されているところに感心したり、ファンのメッセージでいっぱいの門にグッときたり。

さて、残る訪問場所もあと少しです。

 

続きはこちら

セント・ピーターズ教会から、キャバーンクラブまで!こちらで最後!?

 

この旅行について

この旅行は、英国政府観光庁と、キャセイパシフィック航空さんのブログレポーター企画に参加しており、個人的な買い物以外の全てを提供いただいております。
羽田〜香港〜英国を旅する7日間を随時レポートしていきます。

詳しくはこちら。
キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!

 

2016/01/03イギリス/英国ご招待

Posted by norio nakayama