Home / 大宮・浦和 / 新年早々アングランパのガレット・デ・ロワに感銘して食べ過ぎる

新年早々アングランパのガレット・デ・ロワに感銘して食べ過ぎる

アングランパ

ここ数年、ガレット・デ・ロワの話題をよく耳にしました。いわゆるパイの中に「当たり」であるフェーブ(小さな陶器)が入っている焼き菓子で、フェーブを引き当てた人は1日王様になれるという商品です。

このガレット・デ・ロワを新都心のアングランパで見かけたので買ってみたんですが、これがまあ、とにかくうまいのなんの。



スポンサードリンク

ガレット・デ・ロワについて

Wikipediaにはこのように載っています。

公現祭の日に食べるフランスの菓子である。
(中略)
フランスの地方ごとに少しずつ異なるが、最も一般的なものは紙の王冠がのった折りパイにフランジパーヌ(アーモンドクリーム)が入ったパイ菓子で、中にフェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っている。公現節(1月6日)に家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれる。名称の「ロワ」(王たち)とはフランス語で「ロワ・マージュ」(rois mages)と呼ばれる東方の三博士のことである。>ガレット・デ・ロワ – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ガレット・デ・ロワ

アングランパもこのスタンダードなガレット・デ・ロワにのっとり、アーモンドクリームの入った折パイで、中に陶器のフェーブが1つ入っている感じです。ちゃんと王冠もいただけるので嬉しいですね(笑

 

こんなにうまいパイ生地ははじめてかも

してアングランパのガレット・デ・ロワ。今回は当たりやすく1/4という大きなサイズで食べてみます。

Un Grand Pas - galette des rois

 

すでに見えちゃってますが、見事フェーブに当たりました(笑

 

気になるお味なのですが、これがねえ、とんでもなくおいしいのですよ。

まずパイ生地がすばらしいサクサク加減。このバター枯渇時代でも良いバターを沢山使っているのだと思いますが、いままでこの手のパイでは食べたことがないレベルでサクサク。単にサクサクなだけでなく、味も絶妙で、アーモンドクリームが甘すぎず、後を引きます。すごい完成度だねえ…と、結局は2切れ食べてしまいました。ごちそうさま。

これ、来年からはお正月のお持たせとしてスタンダードにしようかな。(ただし小さい子供が複数いるおうちだとフェーブの取り合いになるかもしれないので要注意!)

 

こちらも読もう

【新店】さいたま新都心「UN GRAND PAS(アングランパ)」で至高のチョコケーキを #saitama | エアロプレイン
http://airoplane.net/2013/12/03/saitama-un-grand-pas.html

これからさいたま新都心はさらに注目が集まると思われるので、アングランパもより有名店に育っていくのだと思われます。行列しないのはいまのうち、かも。

関連ランキング:ケーキ | さいたま新都心駅北与野駅

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。