Home / 製品/サービスレビュー / / 絶賛「おれんじ食堂」は熊本から鹿児島の海沿いを優雅に食事しながら旅する列車

絶賛「おれんじ食堂」は熊本から鹿児島の海沿いを優雅に食事しながら旅する列車

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

九州にはユニークな鉄道がたくさん走っていますが、その最たるもののひとつが、この「おれんじ食堂」でしょう。なんせ、電車に乗って景色を見ながら、フルコースの料理がいただけてしまうのですから!

ということで、2013年の夏に旅行したおれんじ食堂を紹介します。



スポンサードリンク

その昔、列車、特に長距離を走る特急列車に食堂車がついているのは普通でした。

思えば、昔の長距離列車には食堂車が普通についていましたよね。ブルートレインしかり、新幹線しかり。しかし、いつからから食堂車はほとんど見なくなって、駅弁が主流となりました。

そんな中、食堂車だけで構成された列車を走らせてしまおう!というぶっ飛んだコンセプトがこの「おれんじ食堂」です。運営しているのは第三セクター方式の地方ローカル鉄道会社「肥薩おれんじ鉄道」さん。

Wikipediaによれば

九州新幹線新八代 – 鹿児島中央間の開業に伴い、九州旅客鉄道(JR九州)から経営移管された元の鹿児島本線八代 – 川内間の運営を行っている、熊本県や鹿児島県などの沿線自治体および日本貨物鉄道(JR貨物)が出資する第三セクター方式の鉄道会社である。
肥薩おれんじ鉄道 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/肥薩おれんじ鉄道

とのことで、まさに第三セクター、ですね。

そんな鉄道会社が生み出した、全便ほぼ満席!というすごい企画列車が、この「おれんじ食堂」なわけです。

 

終始、食。

この「おれんじ食堂」の面白いところは、出発から到着までの約3時間弱、食べっぱなし飲みっぱなしというところです。しかも料理はコースになっていて、温かいものがきちんと出てきます。

では、以下出発からゴールまでのおれんじ食堂をおいかけてみましょう。

 

おれんじ食堂は1号、2号、3号の3種類があり、それぞれ出発地や到着地、内容が異なるのですが、今回は昼過ぎに新八代発、夜に川内着の3号に乗車しました。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

入線してくるおれんじ食堂。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

かわいい車体です。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

さっそく乗り込みます。車内は木目調の落ち着いた感じ。九州の鉄道は、素材感を生かしたものがおおいですよね。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

ちなみにこの日は悪天候もあってか、わりと空いていました。ただし、2両あるうちの、隣の車両は満員です…。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

というか、老人会のイベントに使われていました。そんなこともできるのか…!

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

最後尾には展望席もありますので、食後の語らいなども可能。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

まさに「ぐるめ!」なロゴマーク。三つ星です。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

こちらもおれんじ食堂のロゴ。おれんじに「R」が乗っかっています。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

後部運転台には「肥薩おれんじ鉄道」のロゴマーク。全体的にかわいいデザインです。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

後方車両には九州の物産を紹介するコーナーも。薩摩切り子などが棚に並んでいます。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

トイレの案内はのれん風。車いすにも対応です。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

座席はシックな感じですが、長時間座っていても疲れないタイプ。そりゃ、絶対に3時間くらい座りますからね。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

車両間の仕切りものれん。食堂です。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

変わってこちら前方車両のバーカウンター。ドリンクは全てこちらで作ります。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

オリジナルドリンクの「しそっぷ物語」。その名の通り、紫蘇の風味ゆたかなドリンクです。お持ち帰りも販売中。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

焼酎もかなり完備。

 

しばらく車内を散策です。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

海側はテーブル、陸側はカップルシートになっています。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

こちらメニュー(2013年夏)ね。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

さて、車内探検していると、いつのまにかテーブルがセットされていました。ランチョンマットは滑り止めをかねています。海岸線沿いなので、カーブが多いですからね…。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

なーんてわくわくしていると、突然の停車。あれ、川内まで直行のはずなのに!?

じつはこれには秘密がありました。もちろん途中駅から乗り込むことも可能ですが、この停車は「人を」乗せるためではありません。

なんとなんと、途中駅に寄りながら、その駅由来の名産を駅から積んで提供する。それがおれんじ食堂の正体だったのです。もちろん調理が必要なものは、列車の駅到着時間に合わせて調理され積み込まれるので、あったかいままでの提供となります。すごいシステム!

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

ということで、一品目は爽!トマトジュレ。八代駅で積み込まれた名産品です。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

しそっぷ物語のソーダ割りも到着しました。いい色!

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

となりのホームには銀河鉄道コラボ鉄道。いろいろやっているんだなあ。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おつまみにちくわ。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

天気は生憎でしたが、さすがのオーシャンビューです。時季によっては夕陽のタイミングになることもあるので、大変にドラマチック。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

かと思えば田園風景にも。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

そしてまた臨海へ。めまぐるしく景色の変わる地域ですね。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

電車から見る風景って、なんでこんなに良いのだろう。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

飲み物もすすみます。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

気がつけば次の停車駅に。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

カレーパンが運ばれてきました。出水市にお店を構えるパン工房麦穂の商品です。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おいしい。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

くまモン電車ともすれ違います。

 

さあ、フルコースのはじまりです

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

さて、すでにいくつか料理の提供があったおれんじ食堂ですが、なんといままでのはコース外、おまけです。本当のコースは、ここから始まるのです。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

トンネルを抜けると…

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

津奈木駅でした。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

まずスープです。おっとこれもメニューに載ってない(笑

どれくらい食べ物が出てくるか、良い意味で未知です(笑

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

車内もだんだんとディナーの雰囲気に。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

現在停車中の水俣駅では、大規模な積み込みが行われています。わくわく。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

出発時には積み込みスタッフが見送ってくれます。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

さてはじまりましたこの日のコース。まずは前菜3種盛り。
・水俣産夏野菜のカポナータ 生ハム添え
・長島産白身魚のベーコン 胡瓜の山椒和えと一緒に
・揚げ茄子の鶏味噌田楽風

です。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

食事中にもいわれのある風景がくるたびにアナウンスが入ります。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

2皿目は
・芦北/水俣で採れたしらすをかけたフレッシュサラダ

電車の中で想像以上に本格的な料理が出てくるので、けっこう、びびります。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

こまめに停車するのも面白いですよね。駅ごとの風情があります。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

3皿目。
・天草の海老と白身魚の焼きフラン
・甘いとうもろこしとマッシュポテト アメリケーヌソース

すでに明らかですが、基本的に地産地消の素材が使われます。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

4皿目
・地元素材のパエリア

ワインが進みます…。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

デザート
・季節のフルーツを入れたセミブレッド

と、ここまででコースは終了。コースはだいたい1時間弱ですね。そろそろ外も真っ暗。食べ物も終わって、景色も暗くなったなー…と思っていたところで、隣の列車から歓声が聞こえてきました。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

なんといまから引き語りのコンサートが始まる模様。なんでもありだなこの電車!

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

オリジナル曲あり、リクエストによる懐メロあり。

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

最後にCDもくれました。地元のアーティストも応援しているんですねえ。これもまた、地産地消か。

 

九州を堪能しているうちに、川内へ到着

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

そんなわけで、イベントたっぷりな車内を楽しんでいるうちに

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

薩摩切り子の郷である

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

鹿児島県に。終着駅は川内です。

 

おれんじ食堂 Orange Restaurant Train

おれんじ食堂、すばらしい「移動型レストラン」でした。

 

エアロプレイン雑感

このおれんじ食堂を僕以上に楽しんでくれたのは妻でした。

地産地消のおいしい料理を食べながら、電車で旅をする…。単なる「移動」ではない電車での旅行はとても新鮮で、大変な満足感を感じることができましたよ。

九州新幹線ができた今、熊本から川内〜鹿児島はほぼ「ひとっ飛び」な時間で移動できてしまいますが、こうして遠回りをしながら、目と舌を楽しませるのんびり旅も良いものです。

うん、九州は本当に電車が楽しいね。

 

関連リンク

肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」ORANGE RESTAURANT EXPRESS
http://www.hs-orange.com/kankou/index.html

TOMIX Nゲージ 92190 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-100形 (おれんじ食堂)セット (2両)
B00NIC5NYK

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。