かたやわらかしっとり。持っているだけで心地よい触感のF-02G

ARROWS NX F-02G

Translate:

F-02G 外観など

ケータイ会議の企画でF-02Gをレビュー中。

今回は少しマニアックに、F-02Gの背面の「触感」について。

冷たくて固くて持ちにくそう?

我が家に来てからそろそろ1カ月が経とうとしているF-02Gですが、最初に見たときは、オクタゴンフォルムもあいまって

「冷たくて固くて持ちにくそう」

という印象がありました。

F-02G 外観など

前機種のF-05Fがツルツルして指に吸い付くような質感だったので、どうしてあの路線を続けてくれなかったのか、とても疑問に思ったんです。

触ってみるまでは、ね。

 

ずっと触っていたい絶妙な質感

F-02G 外観など

F-02Gのその背面に触った瞬間のことを今でも覚えています。なんだこれは。なんなんだこの質感は、と。

 

F-02Gの背面はマットな仕上がり。見ての通り細かいザラツキがあって、ツルツル、とは言えません。むしろ妙な滑り止め感さえ感じます。

F-02G 外観など

しかし…妙な暖かさと安心感があるんです。なんというか、金属では無いしっとり感というか。固いんだけど柔らかさを感じるというか。なぜかずっと触っていたいと思ってしまうんですよね。

また、どうも触った瞬間から懐かしさに溢れているなあ…と記憶をたどっていくと、あった、ありました。そう、この触感は中学校の時に初めて買ってもらったCDコンポ、Kenwoodの「アローラ」の外装と同じ類の触感なんです。あの塗装もしっとりとしていて指に吸い付き、とても金属とは思えないような質感を出していました。

懐かしいなあ。まさか携帯電話の塗装で、中学生の頃の記憶が蘇るなんて。ちょっとビックリしましたねえ。このさわり心地は、ぜひともドコモショップで実物を触って確かめて欲しいですね。

なおブラックはさらに細かい凹凸も入っていて、なおのことすごいとか。富士通、塗装がんばりすぎでしょ!

 

エアロプレイン雑感

F-02G 外観など

仕様上ではハイパーダイヤモンドタフコートの中のハイパーガード層になるそうですが、この塗装、もっと深く知ってみたいかも。他にどんなものに使われているんだろうか…。

 

ケータイ会議とは?

富士通さんからケータイの実機を提供していただき、良いこと悪いことそのままにレビューをする企画です。通信費などは自腹となっています。
モニター終了後は端末をそのままいただけます。

まとめサイトはこちら。

>ARROWS @ | ARROWSの情報を何でも掲載する研究所

 

ARROWS NX F-02G

Posted by norio nakayama