Home / / お酒 / 「五色桜」@駒込は熟成肉、日本酒、熟成肉、日本酒…な正義のスパイラル!

「五色桜」@駒込は熟成肉、日本酒、熟成肉、日本酒…な正義のスパイラル!

五色桜@駒込

六花界グループの新しいお店「五色桜」にお誘いいただきましたので、そこで繰り広げられる、日本酒、熟成肉、日本酒、熟成肉、日本酒、日本酒、熟成肉、日本酒、談笑、日本酒…という正義のスパイラルをご紹介します。
(以下、掲載許可を得ての掲載になります)



スポンサードリンク

六花界グループと五色桜

六花界といえば、神田駅前にある小さな小さな立ち食い焼き肉と日本酒の店。このお店をスタートとして、初花一家や吟花、そして五色桜と日本酒を中心としたお店を出店しつづけているのがオーナーの森田さん率いる六花界グループです。

彼女ができる焼肉店「六花界」ってなんだ! – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2136730650932121701

神田時代にこんなお店があったら、毎日通ったよ!というくらいに魅力的な六花界。

その新しい形態のお店が「五色桜」です。完全会員制で、場所などは非公開。会員しか予約も取れません。今回は縁あってお誘いいただいたわけです。

この五色桜では、その日のオススメとなる熟成肉のコース(5,000円)ひとつのみ。そしてそのコースでは、店内の冷蔵庫にある日本酒が飲み放題となっております。しかも…そこは六花界グループ、信じられないお酒が次々と飛び出しちゃうわけです。

ということで、今回はブログOKと許可をいただきまして、以下写真で振り返ってみます!

 

正義のスパイラルを堪能しよう

五色桜@駒込

スタートは風の森。もうこの時点で衝撃的。

 

焼かれ、盛りつけられる熟成肉たち!

五色桜@駒込

五色桜@駒込

五色桜@駒込

五色桜@駒込

ヒャッハー!
 

五色桜@駒込

五色桜@駒込

五色桜@駒込

「あて」に最高な濃厚なやつも出てきます!

 

五色桜@駒込

今日の板場は六花界でもおなじみのガッキーさん。

 

五色桜@駒込

店内は和服の帯を使ったおしゃれな装飾。

 

五色桜@駒込

ほとばしる塩。

五色桜@駒込

ふつうに冷蔵庫に入っている秋鹿。

 

五色桜@駒込

はーあー。

五色桜@駒込

ふうふう。

そうそう、五色桜では日本酒を1杯飲んだら同量のお水を飲むことがルールとなっています。じっくり楽しむためには大事なことですね。

 

五色桜@駒込

五色桜@駒込

五色桜@駒込

口直しの酢の物も。

 

五色桜@駒込

逆ラベルでてきたよ…。

 

五色桜@駒込

五色桜@駒込

五色桜@駒込

飲み続ける我々の横で積まれていくお肉たち!!!

五色桜@駒込

うまいよう(涙

 

五色桜@駒込

五色桜@駒込

風の森4兄弟。こんなに風の森が入っている冷蔵庫は初めて見た。

 

五色桜@駒込

五色桜@駒込

五色桜@駒込

もちろんお酒は日替わりですので、その日にお店に行ってみてのお楽しみになります。一期一会ですね。

五色桜@駒込

五色桜@駒込

お肉と日本酒がとまらない…

五色桜@駒込

五色桜@駒込

風の森飲み比べなんていう信じられないことまで!

 

五色桜@駒込

そうこうしていると鍋から良いかおりが…。

五色桜@駒込

カレーだ!

 

五色桜@駒込

のむ。

五色桜@駒込

くう。

五色桜@駒込

のむ。

五色桜@駒込

あ、鍋島!

五色桜@駒込

あ、大繁盛の秘密!(というか色紙!)

五色桜@駒込

日本酒がとまらない。

五色桜@駒込

don’t stop SAKE!

五色桜@駒込

この「姿」がすばらしくうまかった!

五色桜@駒込

真剣にそそぐsakaki0214。これだけの日本酒、そりゃ真剣にそそぐわ。

というか、終盤でもしっかりとした手元で日本酒がつげる、この日本酒・水の1対1システムは素晴らしいと思いました。

 

五色桜@駒込

いやー「姿」は最高だなーと思っていたところに滑り込んできたのがこの「宝剣」です。大変にうまい。うまい以外の表現が難しい感じ。すっきりだけどうま口。

 

五色桜@駒込

まだまだ飲む!って六花界!

五色桜@駒込

最後にきたぜ朝日鷹。ご存じ十四代の高木酒造が昔から作っている伝統ある日本酒。しかも本醸造。

最高。本醸造は認めない!とか言ってる人はこれを飲むといいよ。こんなにうまい日常酒があるのかと。いやあ素晴らしい。最後に飲めてよかった。

 

五色桜@駒込

ということで、ガッキーさんありがとうございました!

 

ようするに、うまい。

この五色桜を語るとき、5,000円でこんなに飲めて食えて飲めて飲めるのか!というのは確かに大きな特徴であると思います。

しかし本質はそこじゃないんです。こんなに良いお酒をこんなに楽しくたくさん飲める。みんなとわいわい、あれがおいしい、これがおいしい、そんな風に楽しめるのは、やっぱりこのお店のシステムならではだと思うんですよね。

そして熟成肉。コクのある日本酒たちにも負けない力強い旨味。いやあ、いいね。肉と日本酒のタッグがこんなにおいしいって気がついたの、六花界グループのおかげです。

会員制であるためそう何回もおうかがいできるお店ではありませんが、ぜひまた再訪してみたい!ご縁がありますように。

 

関連リンク

「大繁盛の秘密教えます!」あの六花界、初花一家の森田隼人さんが本を出しました! | エアロプレイン
http://airoplane.net/2013/04/19/morita-hayato-rokkakai.html

大繁盛の秘密教えます! 激セマ立ち飲み焼肉店「六花界」だけに人が集まる理由 (角川フォレスタ)
4046539119

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。