Home / / ガイトーンTokyo@渋谷で、タイ国内でも大行列の絶品カオマンガイを食す!

ガイトーンTokyo@渋谷で、タイ国内でも大行列の絶品カオマンガイを食す!

ガイトーンTokyo カオマンガイ

昨日オープンした、タイの有名カオマンガイ専門店「ガイトーンTokyo」。

さっそくこちらに行ってきたのは昨日お伝え済みですが、1日たって落ち着いたので、改めて実食レポートをしておきます。



スポンサードリンク

これがピンクのカオマンガイ

ガイトーンTokyo カオマンガイ
こちらのお店、本店はタイにあり「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」という、タイでも絶大な人気を誇るカオマンガイ専門店です。日本でもその流儀は崩さず、メニューはカオマンガイのみ。サイドメニューとしてパパイヤサラダのソムタムがある程度。あとはドリンクですね。

 

ガイトーンTokyo カオマンガイ

通称「ピンクのカオマンガイ」という通り名の如く、スタッフは全員ピンク色のシャツを着ていました。かわいいので、売って欲しい。

 

ガイトーンTokyo カオマンガイ

店内は10卓20席。すぐに満席なので、テイクアウトも選択肢として有効ですね。

 

ガイトーンTokyo カオマンガイ

店内で食べる場合はこんな感じの盛りつけ。タイのキュウリである「テンクワー」が使われているところにこだわりを感じました。

 

ガイトーンTokyo カオマンガイ

ジャスミンライスはゴールデンフェニックスの高級品を使ってます。

 

ガイトーンTokyo カオマンガイ

この日は1皿100円、6人分テイクアウトしても600円と、驚きの安値でした。

 

肉、米、タレが見事なバランス

ガイトーンTokyo カオマンガイ

調理場は外から見えるオープンなところにあります。
 

ガイトーンTokyo カオマンガイ
カオマンガイの場合、基本的には鶏も米も調理済みなので、提供時にやることは肉を切ることですよね。提供ごとに肉を丁寧に切り分けていたので、好印象でした。そのぶん時間はかかっていましたが。

 

ガイトーンTokyo カオマンガイ
中華包丁を使うんですねえ。

 

ガイトーンTokyo カオマンガイ

さて、こちらがテイクアウトセット。店内での提供とまったく同じ内容で、パクチーをたくさん欲しい人は、お店の人に言っておかないと忘れられるかもしれません(今回はあとからスープの容器にたっぷり詰めてもらいました)。

昨日も書きましたが、ジューシーな鶏肉がうまいですねえ。カオマンガイってパサパサのお店がわりと多いんですが、こちらはしっとりしていて安心感あります。さらにタレ、これが絶妙で甘辛さが食欲をそそります。ニンニクは強め。お店によれば、現地の味をほぼ再現できているそうです。スープ炊きのご飯も、今まで食べた中で一番うまいかも。手抜きカオマンガイとは一線を画した、専門店の味がそこにはありましたねえ。

付け合わせのソムタムは辛さ控えめ。甘酸っぱい系です。けっこう厚切りで歯ごたえがあります。個人的にはイマイチ。スープはコショウが利いていますが、具はありませんでした。

 

現地店のファンが作る本気の店

僕は現地のお店に行ったことが無いのですが、おおよそ評判はよろしいようですね。

プレオープン時に取材されたブログによれば

「自分がピンクカオマンガイが大好きで、この店を日本で開きたい、全国各地に広げたいのが一番で、とにかくおいしい『カオマンガイ』を提供し、お客さんに食べてもらいたいー」と語る熱い気持ちを聞き、「これは(失礼ながら)本気モードだなぁ」とホッとした次第。

そしてキッチンで切り盛りしていたのがレストラン事業の北野執行役員。この方、「ピンクカオマンガイ」で徹底的に本家の味やオペレーションなどを叩き込まれてきたそうで、2度このために渡航し、修行を重ねてきたという。

》7月8日先行実食《 渋谷の「ガイトーンTOKYO」でタイ式チキンライス「カオマンガイ」(本家バンコクの味をめざして!) : ◆毎日カレー◆と★タイ料理★ by エスニカン
http://blog.livedoor.jp/ma888tsu/archives/51948980.html

とのことで、よくある流行乗っちゃった系じゃないところは期待がもてますね。なによりオペレーションが崩れがちな初日でこれだけのパフォーマンスでしたから、今後落ち着いてきた時が楽しみです。

心配なところといえば、セットで850円、単品700円という価格でカオマンガイ1本が受け入れられるのか、というところ。お店の場所は周囲に有名飲食店が建ち並ぶ激戦区なので、良くも悪くも味とコストパフォーマンスは厳しく評価されそう。

ちなみにメニューを整理しておくとこんな感じ。

・カオマンガイ単品 700円
・スープ 50円
・ソムタム 150円
上記3つセットで 850円
・大盛り 50円
・パクチー 無料

個人的には(現地食材多めで大変なのは理解しつつ)あと50円でも安いと、タイ料理初心者のハートも掴みやすいのかなあとは思いました。タイ料理食べ慣れている人だと、この価格に納得感もあるんですけどね。単品でみると、ソムタムがちょっと高いかな。あの完成度なら100円でしょう。

ということで!僕はすごく好きなので、定着して未来永劫繁栄していただけると嬉しいな。出店すすめていくようなので、ぜひ大宮にもお願いします!

 

関連リンク

ガイトーンTokyo | 本場タイ屋台料理カオマンガイ専門店 東京渋谷
http://raan-kaithong-pratunam.jp/

タイのピンクなカオマンガイ、ガイトーン東京@渋谷のオープン状況リアルタイム更新中(終了) | エアロプレイン
http://airoplane.net/2014/07/11/kaithong-pratunam-shibuya.html

》7月8日先行実食《 渋谷の「ガイトーンTOKYO」でタイ式チキンライス「カオマンガイ」(本家バンコクの味をめざして!) : ◆毎日カレー◆と★タイ料理★ by エスニカン
http://blog.livedoor.jp/ma888tsu/archives/51948980.html

 

関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅代官山駅

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。