Home / 旅行記事 / 京都 / 日本人なら一度は行きたい。寺社×桜な春の京都で王道ルート

日本人なら一度は行きたい。寺社×桜な春の京都で王道ルート

京都の寺社×桜な春は、何度行っても楽しいものです。ということで、自身のある箇所をまとめておきました。これでも京都のごく一部に過ぎないとは思いますが、ご参考までに。なおリンクは末尾にまとめてます。



スポンサードリンク

京都御所

広大な敷地に、贅を尽くした桜が植えられていて、とても雅な気持ちになるのが京都御所です。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

しだれ桜が美しいね。

 

平安神宮

巨大な鳥居。赤い本殿。美しい棚のある庭に「八重紅枝垂桜」が見事です。

Heian Jingu Shrine Kyoto, Cherry Blossom Show 平安神宮〜京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

関東の桜とは違ったこの雰囲気、とてもいい感じです。

 

円山公園

中央の池の脇に、有名な巨木があります。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

ござのひかれた花見ゾーンの存在が特徴的ですね。居酒屋さん?がやってるのかな。京都では何度かみかける風景です。

 

醍醐寺

ご存じの通り、京都でも最強クラスの桜が見られる庭です。かの秀吉のために贅を尽くした仕様となっています。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

世界遺産でもあり、またいくつかのブロックに区切られた境内は、様々な景色が楽しめて飽きません。

 

京都デニムで一休み

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

 

高台寺

こちらも秀吉ゆかりの高台寺。どちらかといえば、妻のねね ですかね。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

高台にあるので、京都が一望できますし、周囲は入り組んだ京都ならではの風情。

 

高瀬川沿いの桜(昼)

京都市街地の中心部を流れる高瀬川。

京都桜案内 sakura from kyoto

京都桜案内 sakura from kyoto

京都桜案内 sakura from kyoto

 

高瀬川沿いの桜(夜)

高瀬川の夜は、ライトアップがなされています。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

桜のこの透き通った感じがたまりません。

 

平野神社

桜で有名な神社といえば、京都でもこちら、ですかね。

京都桜案内 sakura from kyoto

京都桜案内 sakura from kyoto

京都桜案内 sakura from kyoto

こちらも有料花見ブースというか、お座敷が組まれていて、盛大に花見が行われております。

 

嵐山公園(中之島)

渡月橋の先の公園です。実は、空いてて穴場。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

渡月橋には人がびっしり。

 

天龍寺

どんな季節に来ても、素晴らしい庭園を見せてくれる、世界遺産の天龍寺。京都で一番好きなお寺です。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

本当に素晴らしい天龍寺。一度でいいから、早朝の人がいないタイミングで来てみたいな。

 

日本最強の桜守「植藤造園」

京都のディープ花見ゾーンといえば、こちら、植藤造園でしょう。桜守の自宅の周りが、桜の栽培・実験場と化しているのです。

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

名人自ら話を聞かせてくれることも。ラッキーなら。

 

Kyoto Cherry Blossom Show 京都 桜案内

これ、個人宅の庭ですからね。無料開放されているだけですからね…。

 

毎年でも行きたいぜ、春の京都

時間と予算さえ許せば、もう毎年行きたいと思っているのが京都の春です。なんだろう、この寺社と枝垂れ桜が織りなす景色が、なんともグッとくるんですよね。昔の職人達が、そのセンスで仕上げていった庭。そしてそれを長年維持してきた桜守。歴史が生み出してきた美が、京都にはあります。日本には様々な桜の名所があるとは思いますが、京都のそれだけは、ちょっと特別かな。

行こうぜ春の京都!(宿がちょっと高いけど)

記事のリンク

宮内庁参観案内:施設情報:京都御所

Heian Jingu Shrine / 平安神宮

京都観光Navi:円山公園

【京都デニム公式サイト】KYOTO DENIM

高瀬川 (京都府) – Wikipedia

桜の平野神社(公式サイト)

京都観光Navi:嵐山

世界遺産|京都 嵯峨嵐山 臨済宗大本山 天龍寺 公式ホームページ

植藤造園

 

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。