Home / 旅行記事 / カナダ / カナディアン・ロッキーを「スマホ無し」でゆっくり楽しむ体験へ

カナディアン・ロッキーを「スマホ無し」でゆっくり楽しむ体験へ

カナダ・アルバータ州観光公社さんの企画「あなたが自分に戻る瞬間はどれ?」ブロガーコンテストに参加しています。



スポンサードリンク

スマホ無しを約束してください

まず最初に約束です。この旅を行うならば、スマホはホテルに置いてきてください。ちょっとした移動の最中に、TwitterをチェックしてしまうのもNGなら、写真を撮ってはFacebookにアップするのもNGです。ふと気になってYahoo!ニュースなんか見てしまった日には、カナダに来ている感が薄れてしまいますから、それもダメ。

とにかく!いまその時間を楽しむようにしてください。日本のことも忘れてください。一期一会の精神です。

いいですか?

準備はできましたか?

では、行ってみましょう。カナディアン・ロッキーとアルバータ州の旅(プレビュー)に。

スマホ無しなら、カナダに集中できる

ジャスパー国立公園_コロンビア大氷原_アサバスカ氷河

この自然に、スマートフォンを持たないで入る。もし可能なら、時計も持って欲しくない。電子機器に頼らず、光で、音で、匂いで、全てを判断する旅。しばらく忘れていた本能を思い出すはず。

この写真はジャスパー国立公園。この広大な大自然がありながらも、山小屋やキャンプ場、著明なレストランがそろうなど、旅行するにはうってつけの地区である。暗闇を保証する「ダークスカイ保護区」はあまりにも有名。

 

バンフ国立公園_レイク・ルイーズ、プレイン・オブ・シックス・グレーシャー・ティー・ハウス
こちらバンフ国立公園。ロッキーの宝石こと、レイク・ルイーズがある。馬に乗って、馬の体温を感じながら、原始的な移動を楽しもう。
 

ヘリハイク
一方で純人工的な、ヘリハイク。カナディアン・ロッキー最高峰のロブソン山までひとっ飛び。上空から眺める圧倒的な大自然は、100%肉眼で確認してほしい。

 

トランスロッキー・チャレンジ
自転車で川を強引に渡ってもいい。ちなみにこちらは過酷な自転車レースである、トランスロッキー・チャレンジの一幕。

 

ジャスパー国立公園_マリーン湖02
黄昏れるのもOK。ここでTwitterのタイムラインなんて見たら台無しだ。このマリーン湖はアルバータ地区でも指折りの絶景。日本語ガイドもいるほどで、スマホの翻訳機能なんてなくても全然大丈夫。

 

グランド・キャッシュ
グランド・キャッシュ。ウィルモア自然保護公園の玄関口。様々なアウトドア・アドベンチャーが楽しめるが、中でも川下りの雰囲気が最高。GoProみたいなアクションカメラを付けて挑みたい。

 

野生動物_エルク02
森の番人エルクに挨拶を。スマホでシャッター音を響かせるなどもってのほか。大自然に生きる動物の前では、人間など無力である。
 

バンフ国立公園_モレーン湖、ラーチ・バレー
どうせ、電波、届かないから。こちらラーチ・バレーは、その名の通りラーチ(針葉樹)ばかりで構成された森。この森に、秋の紅葉の季節に来ると…

Larch Valley, Alberta, Canada.

ああ…美しすぎる。一度でいいから紅葉のカナダを体験してみたい。でなければ、人生後悔しそうだ。

 

こんな大自然の中、スマホがあったら粋じゃない。おそらく半日もすれば気がつくはず。スマホが無くたって生きていけるし、もしかしたら、知らぬ間にスマホに動かされていたんじゃないかって。本当の自分じゃなくなっていたんじゃないかって。

さあ、その勢いでどんどん行こう。

ドライ・アイランド・バッファロー・ジャンプ州立公園

ライティング・オン・ ストーン州立公園02

ジャスパー国立公園_グレイシャー・スカイウォーク01

できたばかりのグレイシャー・スカイウォークで空中浮遊感を味わうもよし。

様々な条件をクリアして、なんとか建設にこぎつけたという、このスカイウォーク。

LR 1350 lifting glacier skywalk in the Canadian Rockies

この建築状況を見るだけで、胸が高鳴る。

 

バンフ国立公園_バンフ・アッパー・ホット・スプリングス

疲れたらバンフ・アッパー・ホット・スプリングスの温泉に入るも良し。

 

食事_アルバータビーフバーガー_バンフ・スプリングス・ホテル

こちらアルバータ名物、アルバータ・ビーフバーガー。スマホがなければ、出てきた瞬間かぶりつけるよね!?

大事なのは自分。誰にも干渉されない。誰かに飾った言葉を見せる必要もない。ただ楽しむことだけに集中して、カナダを堪能し尽くす!自分のために!

 

思えば、純粋な旅をながらく味わっていない

この企画で「自分に戻る瞬間」というお題を考えていた時、ふと思ったんですよね。最近、純粋な旅を味わってないなあと。名所に行って、スマホで写真を撮ってSNSにアップする旅ばかりやっているなあと。先ほど上げた写真にどんなコメントがついているかな?とか、そんなことが気になっていたなと。

いいじゃない。2週間くらいネットから消えて、帰ってきて「どうしてたの?」と聞かれたら、「カナダでインターネットと離れた生活をしてきた」みたいなやりとりがあってもいいじゃない。

ネットは僕らの生活を便利にしてくれたし、無くてはならないけど、カナダには持ち込まなくてもいいかも。そうすれば、この大自然が、なにか新しいことを気がつかせてくれそうな気がして。帰る頃には、五感も研ぎ澄まされていそうな旅へ。

さあ行こう、カナダへ。スマホは置いて。

 

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。