え、僕らのイメージするあのショートケーキは「日本オリジナルのケーキ」だって!?

おいしいものだけ紹介します(食全般), 読み物スイーツ

Translate:

PATISSERIE APLANOS Shinpei Asada

甘いものが大好きなのりおです。日々、新しいケーキ店や新作デザートを探求する生活をしております。そろそろいい年なので、カロリーコントロールも大変です。

さて、そんな僕が最も好きなケーキといえば、ショートケーキに他なりません。しかし日本でよく見る、あのショートケーキは、日本にしかないケーキだって知ってましたか?

日本式ショートケーキ

実は僕らがよく見る、お馴染みのショートケーキは「日本式」と呼ばれるものです。

いわゆる、スポンジにクリームが塗ってあって、中身がフルーツのタイプですね。Wikipediaによれば

日本ではこの種のケーキが最もポピュラーで、ケーキ屋やカフェでは外せない一品になっている。この「スポンジケーキ+ホイップクリーム+イチゴのケーキ」を大正時代に日本に紹介して広めたのは不二家だが、発案者が誰なのかは伝わっていない。
ショートケーキ – Wikipedia

とのことで、不二家の働きの大きさに驚きつつ、誰が発明したかわからないというミステリーに衝撃を受けました。

「ショート」の語源も諸説あるとかで、ショートケーキって一般的なわりには謎だらけのネーミングだったんですな…。

ちなみに「アメリカ式」はビスケットの間にクリームとフルーツをサンドしたもの、「フランス式」はアーモンドクリームを使ったもので、前者はアメリカテイストのカフェなどで、後者は「フレジェ」の名前で純フランス系ケーキ店やフランス料理店でお目にかかることができます。

ということで

身近なわりには謎の多い食品、ショートケーキ。日本でしか通じないということで、海外にて「ショートケーキください」はやらないよう、気をつけましょう(笑