Home / 製品/サービスレビュー / カメラ / EOS X7 / EOS Kiss X7 ホワイトで さいたま新都心のイルミネーション。掟破りの!?巨大レンズも試した! #saitama

EOS Kiss X7 ホワイトで さいたま新都心のイルミネーション。掟破りの!?巨大レンズも試した! #saitama

さいたま新都心イルミネーション 2013

「あれ、実物は想像以上にかわいい。というか…これはアリですな」「かわいい欲しい」「かわいい欲しい」という声をかけられることが非常に多い、EOS Kiss X7 ホワイトモデル。キヤノンさんよりお借りして絶賛レビュー中であります。

今回は、反則すれすれの組み合わせとして、タムロン 70-200mm F2.8通しのモデルA009と組み合わせてみたりもしつつ、40mmパンケーキレンズ、標準レンズの3本を使ってイルミネーションを撮影してみました。以下作例です。撮影場所は、さいたま新都心けやきひろばのイルミネーションになります。



スポンサードリンク

40mmパンケーキレンズでイルミネーション

正直なところ、40mm(APS-C換算で64mm)では、イルミネーション撮影は意外と難しいです。そうとう手前のものに寄って、後ろをぼかすというのがわかりやすいですね。

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

なお、この40mmで試してみて欲しいのが、我が家で「とくとみ式」と勝手に呼んでいる撮影法。これは同じくブロガーのとくとみさんに教えてもらった撮り方です。

さいたま新都心イルミネーション 2013

スマホのカメラを起動して、本当の景色はスマホの中に、背後のイルミネーションはキレイにぼける、という撮り方ですね。手前にものを入れるのは色々やりましたが、スマホのカメラ起動ってのは試していませんでした。これいいですね。これから頻繁に利用しそうです。とくとみさんありがとう。

さいたま新都心イルミネーション 2013

とくとみさんのブログはこちらから。
とくとみぶろぐ

標準レンズでも寄る!

次は標準レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」です。実は我が家のX7(黒)は本体のみで買ったので知らなかったんですが、マイナーチェンジされてかなり良くなったんですね。ステッピングモーター搭載なうえに、軽い。X7と組み合わせた時の軽さがはんぱなかったです。使用では206gとありますが、それより軽く感じました。なんでだろ。

ちなみにこのレンズ、意外と寄れるんです。だからご飯とか撮るのには悪くないんですよね。ただそんなにボケないので、風景とかパンフォーカス的な使い方がよさそう。イルミネーション撮るのなら、とにかく寄ることですね!

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

ちなみにイルミネーションはわからないくらいの高速で点滅している場合もありますので、何枚か同じ構図で撮るといいですね。色とか変わることがありますんで。

タムロンA009もチャレンジ。みよ、このアンバランスさ

さて最後に番外編ですが、タムロンさんからこちらもレンタル中の、A009を接続してみました。

IMG_7443-1.jpg

見た目は反則です(笑

X7に付けてみて最初の感想は…いや、いかんだろってことですよ。なんですかこのサイズは…こうしてみると、本体の小ささが際立ちます。でも考えてみればこのサイズのレンズはレンズ自体に三脚固定用の機構が備わっているわけで、レンズを持つのが正しいわけで、本体が限りなく小さいってのはプラスに働いている印象です。

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

さいたま新都心イルミネーション 2013

うん、これも良い組み合わせ。X7はエントリーモデルだけど懐深いですね。70-200mmはAPS-Cだと1.6倍換算なので、112-320mm扱いになります。イルミネーションを撮るには良い望遠距離かなあ。

ということで

カワイイのが売りのX7ホワイトモデルですが、標準レンズ、パンケーキレンズ、そして巨大なズームレンズとの組み合わせでも遺憾なく性能を発揮してくれますよ!ということでした。ちなみに、この撮影中も「なんですかそれ!」「かわいいですね!」とよく声をかけられました。コミュニケーションにつながるカメラ、と言えるかも。

 

参考リンク

[A] 連邦の…じゃなかった、キヤノンの白い子 EOS Kiss X7 ホワイトモデル を借りました
[A] CANON EOS Kiss X7 ホワイトモデル 開封の儀&ファーストインプレッション! | エアロプレイン

キヤノン:EOS Kiss スペシャルサイト Daily Kiss | EOS Kiss X7

 

 

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。