Home / / 無化調すっきり醤油ラーメンの極み「アートマサシヤ」@神泉は和食だ!

無化調すっきり醤油ラーメンの極み「アートマサシヤ」@神泉は和食だ!

アートマサシヤ

限りなくすっきり。ギリギリラーメンではある。もしかして料亭がラーメンを作るとこんな感じなのかな?という、出汁と醤油の風味がストレートに押し寄せるラーメンを提供してくれるのが、神泉のアートマサシヤです。なんでも元々は沖縄にあったお店なのだとか。

こちら教えてくれたのは URAMAYUのmayumine です。さんくす。



スポンサードリンク

出汁と老舗の醤油がリッチなマリアージュ

こちらのアートマサシヤ、場所は道玄坂上の交差点から少し南側に行ったところにあります。

アートマサシヤ
外観はこんな感じ。

 

アートマサシヤ
こちらがメニュー。ラーメンは「旨口醤油」か「濃口醤油」で選択しますそうです。たまごかけごはんが限りなく気になりましたが、売り切れでした…。

 

アートマサシヤ
今回注文したのは「特製旨口ラーメン」。味玉が丸1個入っていて嬉しい感じ。素焼き玉子がオリジナリティ高いですね。この他に職人手作りという海苔が3枚付属します。これ、本当に天日干しの海苔で、スープにつけるとほろほろと崩れます。そのまま食べてもおいしい。

麺は中太の味わいぶかいタイプ。この麺をはじめ、健康に対してのこだわりが強く、色々と注釈のプリントがカウンターにおいてあります。

アートマサシヤ

こういうの、わりと好きです。

 

して、こちらのお店の最大のウリはスープだと思うのです。いままで味わったすっきりスープ、とは違うんです。なんていうのかな、和食のお店で出る、品の良い汁物の味に近いです。味の構成要素は出汁と醤油。若干の辛み(一味でした)。これで薄味の煮物作ったらおいしそうだなあ…なんてずっと思いながらスープ飲んでました。これは好きな人はとことん好きだろうな。思えば、自宅でラーメン作ろうと思って、出汁をストレート醤油で割った時に近い味がしました。もちろんそれより複雑な味をしているのですが、これはシンプルが故のうまさで勝負する系ですね。

僕はラーメンというよりも、「和食」を感じました!そういえば和食が世界遺産になりましたね。こんなラーメンを海外で展開したら、とても受けるのかもしれません。

ということで

あっさりしたものが食べたい、でもラーメンもいいなあ…みたいな時にはかなりオススメの店です。最後にテーブル上にあった

アートマサシヤ

こちらが気になりました。富士宮ラーメンに入れる肉カスに近いのだけど、あぶらっこさは皆無。調べたら油抜きの背脂とのことだったけど、そんなものが存在するのか!?次は声をかけて聞いてみようっと。

そうそう、行ったのは13時半ごろでしたが、売り切れ間近でした。昼しか営業していませんので、必ず食べたい場合は13時過ぎまでには行っておくのが良さそうです。

 

関連ランキング:ラーメン | 神泉駅渋谷駅代官山駅

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。