Home / 製品/サービスレビュー / 本/コミック / コミック / サカマガ月刊化と仇敵ジュビロのJ2危機に想う、ライバル不在の寂しさ

サカマガ月刊化と仇敵ジュビロのJ2危機に想う、ライバル不在の寂しさ

カメラロール-6342

ご存じの通り、日本のサッカーシーンを代表する雑誌のひとつ、週刊サッカーマガジンが、今週号をもって週間から月刊化することになりました。この事実は現在のサッカーの現場の裏返しであり、一抹の寂しさとともに、危機感もひとしおです。

ただ僕は想うのです。この件に関してもっともショックを受けているのは、同じく週刊誌として走り続けてきた週刊サッカーダイジェストなのではないかと。そしてそれは、今季J2危機を迎えているジュビロを横目に見る、我々エスパルスサポーターの心境に近いのでは無いかと。

以下、僕のまとまらない想いを書き殴りました。まだジュビロがJ1残留の可能性があるのは知っています。でも、もういま書かずにはいられなかった。先に謝っておきます。



スポンサードリンク

ケンカ相手がいなくなるのが、一番寂しい

僕は知っています。ジュビロがJ1に上がってきて、特別な試合が生まれたことの喜びを。

他人と競争をしないと言われる県で、はじめてできた公のライバルと、1つのゴールと勝利を競い合う喜びを。

そして後からJ1に来た相手に負けた時の悔しさを。先に優勝された時の辛さを。へし折られた清水のプライドを。

県内ではサッカーの後進であった東部地区に攻め込んできたジュビロを。後塵を拝し、埋められていく外堀を。

Jではじめて解散の危機に瀕した、いまとは違うエスパルスというチームを。そしてその横で輝く、青いチームを。

そして両チームのサポーターしか知らない、チャンピオンステージにて優勝をかけたダービーの2試合を。伝説の試合を。

 

全てが、ジュビロがJ1にいたから、にっくきライバルがそこにいたからなんです。

ケンカは、勝負は、相手がいるから素晴らしいのです。同じレイヤーでステージで戦う、にっくきライバルがいるから素晴らしいのです。

時にはいきすぎることがあるかもしれません。罵ることもけなし合うことも、口をきかなくなることもあるかもしれません。

しかし見たいのです。2チームの戦いを。どちらか片方だけではダメなんです。両者が戦うことでしか生まれない感情が、喜びが、悔しさがあるんです。

もしかしたら、サッカーダイジェストもそんな寂しさを感じているのでは無いでしょうか。

願わくば、ライバルがはやく同じステージへ帰ってきてくれることを。我々も落ちてしまうのでは無く、彼らが帰ってきてくれることを。

そしてまたやろう。同じステージで戦おう。ダービーをしよう。憎しみあおう。

2年後に待っています。

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。